便(読み)びん

精選版 日本国語大辞典「便」の解説

びん【便】

〘名〙
[1]
① 都合のよい機会やつて。てづる。ついで。便宜。「びんなし」「びんよし」「びんあし」などと熟して用いられる。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「侍のをのこども仕まつるもののうちに、びんある所をなんそらはらにしける」
日葡辞書(1603‐04)「Binuo(ビンヲ) ウカガウ。または、ビン、ヒマヲ ウカガウ」
(イ) 郵便。手紙。音信。
※捷解新語(1676)一「せんとのなかもとりふねのひんに、にはんつくそきか、といさきにひよりおまつと申きたほとに」
(ロ) ある地からある地への交通、運輸の手段。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「電車の便が有るから其れには及ばぬと言って」
[2] 〘接尾〙 ((一)②が接尾語化したもの) 名詞に付いて、郵便、運輸についての様態や数、特定の便の名に用いる。「船便」「速達便」「宅配便」「定期便」「羽田発六二五便」

べん【便】

〘名〙
① (形動) つごうがよいこと。便利であること。また、そのさま。
※史記抄(1477)一〇「是と云も仏法流布の国で、経教をつよく人が読に依て、呉音に便なぞ」 〔荀子‐議兵〕
大便や小便。特に、大便をさすことが多い。
※随筆・独寝(1724頃)上「かくの如く度々すれば、ことごとく便につきて、にほひうするもの也」 〔漢書‐張安世〕

べん・じる【便】

(サ変動詞「べんずる(便)」の上一段化したもの)
[1] 〘自ザ上一〙 用が足りる。便ずる。
[2] 〘他ザ上一〙 用をたす。便ずる。
※「戦争と平和」論(1947)〈本多秋五〉三「立派な侍僕で、君よりもかへってよくお父さんの用を便じる」

べん‐・ずる【便】

[1] 〘自サ変〙 べん・ず 〘自サ変〙 用が足りる。便じる。
[2] 〘他サ変〙 べん・ず 〘他サ変〙 用をたす。便じる。
※日葡辞書(1603‐04)「ダイショウヲ benzuru(ベンズル)

べん‐・する【便】

〘自サ変〙 べん・す 〘自サ変〙 たよりとする。便利なようにする。
※公議所日誌‐一四下・明治二年(1869)五月「に土人を雇て、使用に便するは、時あって許すべし」

べん‐・す【便】

〘自サ変〙 ⇒べんする(便)

べん‐・ず【便】

〘自他サ変〙 ⇒べんずる(便)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「便」の解説

べん【便】[漢字項目]

[音]ベン(呉) ビン(慣) [訓]たより すなわち
学習漢字]4年
〈ベン〉
障りなく事が運ぶ。都合がよい。「便益便宜便法便覧便利簡便軽便至便不便方便利便
くつろぐ。ふだんの。「便衣便殿便服
通じ。大小便。「便器便所便通便秘検便軟便緑便
口先がうまい。「便佞べんねい
〈ビン〉
障りなく事が運ぶ。都合がよい。「便宜音便穏便
都合のよい機会。「便乗
たより。手紙。「便箋びんせん後便こうびん先便
交通や通信の手だて。「急便幸便船便せんびん・ふなびん郵便航空便定期便
[名のり]やす

びん【便】

人や荷・手紙などをある場所まで運ぶこと。また、その手段。「飛行機の便がある」「午後の便で届く」「宅配便」「速達便
都合のよい機会。よい方法。ついで。
「侍のをのこども仕まつるもののうちに、—ある所をなむ僧坊にしける」〈宇津保・嵯峨院〉

べん【便】

都合がよいこと。「交通の便がいい」
大便と小便。特に大便。
[類語](1便利重宝簡便軽便至便利便/(2うんこうんち大便くそばばふん糞便人糞

びん【便】[漢字項目]

べん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の便の言及

【大便】より

…大便は消化過程の最終産物で,肛門から体外に排出される。大便の量は,食物の種類,分量によって異なるが,混合食の成人では1日100~200g,1日1回が普通である。…

※「便」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android