納曽利/納蘇利(読み)ナソリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

納曽利
なそり

雅楽の曲名。納蘇利とも書く。代表的な右方高麗楽(こまがく)。高麗壱越(こまいちこつ)調。通例2人で舞われるが、1人のときもあり、この場合「落蹲(らくそん)」と称する(ただし奈良の舞楽ではこの逆に称する)。楽曲は破と急の2章よりなる。雌雄2頭の竜が戯れながら天に昇る姿を舞にしたといわれ、「双竜舞(そうりゅうのまい)」の別名もある。走舞(はしりまい)に属し、2人の舞手は背中合わせで大きな輪を描いたり、互いに斜め方向に飛び離れたり活発に動く。舞人はつりあごの面をつけ、毛べりの裲襠(りょうとう)を着、右手に銀の桴(ばち)を持つ。面は紺か緑の地に銀色の目玉と牙(きば)をつけて竜を模す。童舞(どうぶ)でも舞われ、このときは面でなく頭上に天冠をつける。古くは相撲(すもう)や競馬(くらべうま)で右方の勝利を祝して舞われた。番舞(つがいまい)は『蘭陵王(らんりょうおう)』。[橋本曜子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android