コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純情 ジュンジョウ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐じょう〔‐ジヤウ〕【純情】

[名・形動]純真で邪心のない心。また、その心をもっているさま。「純情な少年」「純情可憐(かれん)」
[派生]じゅんじょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

純情

1930年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男、原作・脚本:水島あやめ、撮影:杉本正二郎。出演:高尾光一、小藤田正一、月岡初子ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんじょう【純情】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
純粋で邪心のない心。世慣れしていず、すなおなさま。 「 -な乙女」 「少年の-を失っていない」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

純情の関連キーワードはぐれ刑事純情派/20周年記念スペシャル 帰ってきた安浦刑事…命を懸けた大捜査!はぐれ刑事純情派/今夜限りの復活SP 帰ってきた安浦刑事…殉職!さらば夏目刑事はぐれ刑事純情派/今夜限りの復活SP 帰ってきた安浦刑事…さよなら田崎刑事!はぐれ刑事純情派/最終回スペシャル さよなら安浦刑事!命を懸けた最後の捜査37歳で医者になった僕~研修医純情物語~ジュスティーヌあるいは美徳の不幸若きウェルテルの悩み赤い文化住宅の初子ポールとビルジニーラブ・レターいわて純情米おぎのきみ子後藤小百合佐々木維子アルルの女立田美梨花河野うさぎ長嶺あずさ河野しずか加藤美智子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純情の関連情報