純情(読み)じゅんじょう

精選版 日本国語大辞典「純情」の解説

じゅん‐じょう ‥ジャウ【純情】

〘名〙 (形動) 純真でまじりけのない心。すなおできれいな心。また、そのような心を持っているさま。「純情可憐
※凌雲集(814)渤海入朝〈大伴氏上〉「乃知玄徳已深遠、帰化情是最昭」
※戦陣訓(1941)二「忠誠の士は又必ず純情の孝子なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android