清純(読み)せいじゅん

精選版 日本国語大辞典「清純」の解説

せい‐じゅん【清純】

〘名〙 (形動) 清らかでまじりけのないこと。けがれがなく純真であること。また、そのさま。潔。
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の任務「蓋し我が日本の国たる、気候温和、風物清純」 〔晉書‐荀顗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「清純」の解説

せい‐じゅん【清純】

[名・形動]清らかで素直なこと。世の中のけがれにそまっていないこと。また、そのさま。「清純な乙女」
[派生]せいじゅんさ[名]
[類語]潔い潔癖堂堂正正堂堂高潔潔白純潔廉直清廉廉潔貞潔毅然きっぱり断固断然断じて頑として屹度きっとびしびし心を鬼にする清楚プラトニックナイーブ純情純粋無垢純真無垢純真貞操みさお

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android