清楚(読み)セイソ

デジタル大辞泉 「清楚」の意味・読み・例文・類語

せい‐そ【清×楚】

[名・形動]飾りけがなく、清らかなこと。また、そのさま。「清楚な身なり」「清楚な婦人」
[派生]せいそさ[名]
[類語]楚楚そそ瀟洒しょうしゃ清純無垢純真純情純朴素朴朴訥ぼくとつプレーン単純シンプル純然純一至純純乎じゅんこ純正純良単一純化質素簡素つましい地味つづまやかつつましいつつましやか質実清貧質朴真率実直実体じってい朴直篤実生一本まじめ生まじめ大まじめ真摯愚直あか抜け灰汁あく抜け洗練気さくこざっぱりすっきりさらり洒落しゃれ小洒落こじゃれあか抜けるさばけるスマートシックプラトニックナイーブ純粋純潔純真無垢貞操みさお身綺麗綺麗美しい美美びびしいきらやか鮮やか美麗華麗華美鮮麗流麗壮麗清麗優美美的麗しい見目好い見目麗しい端正端麗秀麗佳麗艶美艶麗あでやか妖麗豊麗妖美見好い小綺麗美妙典麗ビューティフルピトレスクピクチャレスクラブリービューティープリティードレッシー純美玲瓏れいろう着映えきらびやか洒落しゃれ薄皮のけたよう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「清楚」の意味・読み・例文・類語

せい‐そ【清楚】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動ナリ・タリ ) 清らかでさっぱりしていること。飾りけがなくさっぱりしていること。また、そのさま。
    1. [初出の実例]「之を清楚の布にて濾し」(出典:舎密開宗(1837‐47)内)
    2. 「清楚たる葉桜の緑浅し」(出典:義血侠血(1894)〈泉鏡花〉一)
    3. [その他の文献]〔韋建‐河中晩霽詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「清楚」の読み・字形・画数・意味

【清楚】せいそ

すっきりとして美しい。〔鑑誡録、四、蜀門諷〕貽恭は~媚世の諂無く、詠人の才り。蜀の士畏憚せざる(な)し。初めて見るときは則ち言詞楚、是非をせず。後來則ち脣吻張皇し、(すなは)ち醜美をつ。時相に干(かんご)し、數(しばしば)ふ。亦た一慷の士なり。

字通「清」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android