純真無垢(読み)じゅんしんむく

四字熟語を知る辞典「純真無垢」の解説

純真無垢

清らかでけがれを知らず、人をだましたり疑ったりする気持ちがまったくないこと。また、その様子。

[活用] ―な・―に・―だ。

[使用例] ここに人は彼の身を噛むような悔恨きょを読みとらないであろうか。嬰児のような純真無垢の魂を見ないであろうか[山本健吉*善良な罪人|1951]

[解説] 「無垢」はけがれがないこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「純真無垢」の解説

じゅんしん‐むく【純真無垢】

〘名〙 (形動) 清らかでけがれを知らず、人をだましたり疑ったりする気持がまったくないこと。また、そのさま。
※善良な罪人(1951)〈山本健吉〉「嬰児のような純真無垢の魂」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android