コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦陣訓 せんじんくん

6件 の用語解説(戦陣訓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦陣訓
せんじんくん

日中戦争の長期化に伴い戦争の早期解決が望まれ,さらに戦場における将兵の非道義的行為が続出したため,1941東条英機陸相が全陸軍将兵に対して戦陣の道義的高揚を促した示達書。実践的綱領が主内容で,序,本訓,結びから成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんじん‐くん〔センヂン‐〕【戦陣訓】

旧日本陸軍の戦時における将兵の心得。昭和16年(1941)陸軍大臣東条英機の名で告示された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

戦陣訓【せんじんくん】

1941年,東条英機陸相の名で全陸軍に布達された戦陣道義高揚の訓諭。日中戦争の長期化に伴い,将兵の道義向上のために示された実践綱領。軍人勅諭の〈戦場版〉ともいわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんじんくん【戦陣訓】

1941年1月8日,東条英機陸相が全陸軍に通達した督戦のための訓諭。日中戦争の長期化により,中国占領の日本将兵の士気は戦争終結の見込みのないまま低下し軍紀の乱れが顕著になった。このため戦陣の環境に応じて〈皇軍道義の高揚〉をはかることを目的に,各種の徳目を訓諭したもの。序と3部の本訓と結びより成る。本訓はその一で,日本における〈皇軍〉の成立ち,〈皇軍〉としての団結,協同,攻撃精神,必勝の信念を説き,その二で,軍人として守るべきモラル,敬神,孝道,敬礼挙措,戦友道,率先躬行(きゆうこう),責任,死生観,名を惜しむ質実剛健清廉潔白を説き,その三で,戦陣の戒め,戦陣の嗜みを強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんじんくん【戦陣訓】

1941年(昭和16)1月陸相東条英機の名で、戦場での道義・戦意を高めるため、全陸軍に示達した訓諭。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦陣訓
せんじんくん

日中戦争の長期化に伴う軍紀の動揺に対処すべく「戦陣道義」の作興を目的として発布された訓諭。1941年(昭和16)1月8日東条英機(ひでき)陸相により布達。「国体の本義を体得」することを将兵に要求し、軍人勅諭の精神を実践するための具体的準拠を列挙している。とくに、「生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず」との教えは、投降を理念的に否定しており、ために多くの将兵が無益な死を強いられることとなった。[吉田 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の戦陣訓の言及

【太平洋戦争】より

…また1944年からは都市で建物疎開と学童疎開が行われ,44年11月から本格化したアメリカ軍の超重爆撃機B29による本土空襲により,沖縄県を除く全国113の市町で約964万名が被災し,50万名以上が死亡した。
[文化と教育に対する統制]
 満州事変後文化や教育に対する統制が強められていたが,1941年1月8日東条英機陸相によって全陸軍に布達された〈戦陣訓〉は,〈生きて虜囚の辱を受けず〉として軍人に死を強要した。この考え方が,あらゆる場所で国家権力による強制をともなって広められ,実践に移された結果,兵士の生命を軽視した無謀な戦術や自決の強要などによって,戦争の犠牲者を増大させる大きな原因となった。…

※「戦陣訓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戦陣訓の関連キーワード東条英機木村兵太郎東条東条英教陸相東条英機内閣A級戦犯と合祀秋定鶴造西浦進東条英機内閣打倒工作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦陣訓の関連情報