コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純真 ジュンシン

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐しん【純真】

[名・形動]心にけがれのないこと。邪心がなく清らかなこと。また、そのさま。「子供の純真な心」
[派生]じゅんしんさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんしん【純真】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
心にけがれやいつわりがなく、純粋で清らかな・こと(さま)。 「 -な子供」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

純真の関連キーワード擦れる・摩れる・磨れる・擂れるヴァイナ ジョカンテオリバー・トウィストデイジー・ミラートム・ジョーンズ純真学園大学汚れ・穢れゲルマニアカンディド番町皿屋敷善太・三平ガラスの城善財童子赤子の心ロンゴス純真無垢罪が無い女の一生ラーンキアメリカ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純真の関連情報