純真(読み)じゅんしん

精選版 日本国語大辞典「純真」の解説

じゅん‐しん【純真】

〘名〙 (形動)
① まじりけのないこと。けがれのないこと。また、そのさま。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・立地・為性真大姉拈香「声色真、無声色之可一レ透」 〔李白‐夷則格上白鳩払舞辞〕
② 心に邪念がまったくないさま。
(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉八「まだ処女時代の純真さ持ってましたから、今よりはうぶで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android