コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

索道 さくどうcableway; ropeway

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

索道
さくどう
cableway; ropeway

空中に鋼索を架設し,これに搬器をかけ,動力か搬器の重量を利用して運転,旅客や貨物を運ぶ装置。鋼索は急な斜面の山頂と山麓,山間の谷間に張り渡して輸送を行う。法規上,閉鎖式搬器 (扉のある箱形のもの) で人や物を運ぶ普通索道と,椅子式搬器 (開放された座席) で人を運ぶ特殊索道,貨物だけを運ぶ貨物索道に分類され,さらに特殊索道は甲種 (乙種丙種以外) ,乙種 (スキーリフト) ,丙種 (スキーやそりを積雪上に滑走させて運送するもの) に区別している。運転方式には単走式と交走式 (つるべ式) と循環式がある。単走式は貨物の自重を利用して支索を走らせる貨物索道で,交走式は2つの搬器を,山頂と山麓に交互往復させる。循環式は一定間隔で,一方向に連続して搬器を送り出す。また構造上,鋼索の支索と引索の本数によって,単線式,復線式,三線式,四線式がある。索道の建設などについては,索道規則 (昭和 22年運輸省令 34号) で規定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さくどう【索道】

空中に架設した鋼索に運搬器を取りつけ、人や荷物を運搬する装置。ロープ-ウエー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の索道の言及

【民営鉄道】より

…いずれも運賃その他一定の事項については認可が必要とされる。なお,一般の旅客,貨物の運送を目的としない専用鉄道については,鉄道事業法によって専用鉄道とされ,一定の技術上の基準に従うことが求められており,またロープウェーやスキーリフトについては,やはり鉄道事業法に基づく索道として規制されている。このほか,運送関係の規程を定めた鉄道営業法があり,また鉄道財団の成立とそれを目的にした抵当権設定の手続を定めた鉄道抵当法や,鉄道に対する助成,補償等の規程を盛りこんだ鉄道軌道整備法がある。…

※「索道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

索道の関連キーワード作・冊・削・搾・昨・朔・柵・炸・窄・策・索・酢・錯・鑿ロックドコイルロープトリニダード・トバゴ東平(とうなる)地区京終(きょうばて)ヘルクレスロープ苫名 孝太郎ケーブルカー木登り用器具永田 藤兵衛青ヶ島(村)ロープウェー日本ケーブル西垣 晋作永田藤兵衛歯軌条鉄道苫名孝太郎ラングより鉄道事業法鉄道事業

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

索道の関連情報