経験カリキュラム(読み)けいけんカリキュラム(英語表記)empirical curriculum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経験カリキュラム
けいけんカリキュラム
empirical curriculum

経験学習理論に立脚して構成されたカリキュラム。系統的な教科カリキュラムに対し,児童生徒実生活における興味や問題を基礎とし,具体的な問題解決の手段として活用するなかで知識や技能を習得させることをねらいとする。その意味で生活カリキュラムともいわれる。 1920年代のアメリカの進歩主義教育運動のなかで発達した。日本では第2次世界大戦後の教育改革において戦前の画一的な教師中心の教育に対する反省もこめて導入され,一時全国的に普及したが,やがて基礎学力の低下が問題にされるとともに急速に衰えていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android