コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経験カリキュラム けいけんカリキュラムempirical curriculum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経験カリキュラム
けいけんカリキュラム
empirical curriculum

経験学習理論に立脚して構成されたカリキュラム。系統的な教科カリキュラムに対し,児童生徒実生活における興味や問題を基礎とし,具体的な問題解決の手段として活用するなかで知識や技能を習得させることをねらいとする。その意味で生活カリキュラムともいわれる。 1920年代のアメリカの進歩主義教育運動のなかで発達した。日本では第2次世界大戦後の教育改革において戦前の画一的な教師中心の教育に対する反省もこめて導入され,一時全国的に普及したが,やがて基礎学力の低下が問題にされるとともに急速に衰えていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいけん‐カリキュラム【経験カリキュラム】

児童・生徒の経験から発する興味や関心を中心として構成される教育課程

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

経験カリキュラムの関連キーワード問題解決学習

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android