コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐屋路 サヤジ

百科事典マイペディアの解説

佐屋路【さやじ】

東海道の尾張国宮宿(現名古屋市)と伊勢国桑名宿間は伊勢湾を海上渡(七里渡)したが,風雨などの際,宮から佐屋宿まで陸路をとり,佐屋から木曾川を船路で桑名に至った。
→関連項目宿村大概帳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さやじ【佐屋路】

東海道の宮~桑名宿間の海上七里渡の迂回路。佐屋海道佐屋まわりともいう。宮宿から陸路で岩塚・万場・神守・佐屋の4宿を経るまで約5里,さらに船路で木曾川筋を3里下ると桑名宿に達する。1634年(寛永11)に佐屋が宿駅として公認され,将軍徳川家光が通行した。伊勢湾の風波の強い日にはこの迂回路が利用され,近世中期以降は4宿とも50人・50疋の常備人馬を有し,江戸幕府道中奉行の管轄となった。【渡辺 和敏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐屋路
さやじ

「さやみち」、佐屋廻(まわ)りともいう。近世の東海道の脇往還(わきおうかん)。熱田(あつた)から伊勢(いせ)湾の北岸の岩塚、万場(まんば)(以上名古屋市)、神守(かもり)(愛知県津島(つしま)市)の3宿を経て佐屋(同県愛西(あいさい)市)に至り、そこの港から木曽(きそ)川の支流佐屋川を3里下って桑名(くわな)(三重県桑名市)に達する。全行程9里。1615年(慶長20)4月、徳川家康が大坂夏の陣に西上のときにも通行したが、正規の街道となったのは1634年(寛永11)。熱田―桑名間の7里の渡海を嫌う大名・公家(くげ)や庶民に利用されたが、宿駅施設は本街道よりは劣っていた。道中奉行(ぶぎょう)の管轄。1868年(明治1)明治天皇の東幸にも往復ともこの道が利用された。1872年道換となる。[山本光正]
『「佐屋路宿村大概帳」(『近世交通史料集 5』所収・1971・吉川弘文館) ▽『佐屋町史』全6巻(1976~92・佐屋町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の佐屋路の言及

【街道】より

…それらの管理は初期には代官また老中なども関与していたが,1659年(万治2)以降は道中奉行を置いて専管させた。道中奉行の管理下にあったのは,東海道(品川~京都・大坂),中山道(板橋~守山,次の草津で東海道となる),日光道中(千住~日光),奥州道中(宇都宮~白河),甲州道中(内藤新宿~上諏訪,次の下諏訪で中山道に結ぶ)の五街道のほか,東海道と中山道を結ぶ美濃路(熱田~垂井),東海道の脇街道というべき佐屋路(熱田~桑名),本坂通(浜松~御油または吉田),山崎通(伏見~山陽道の西宮),中山道と日光道中を結ぶ例幣使道(倉賀野~壬生(みぶ)通の楡木へ),日光道中の脇街道というべき日光御成道(岩淵~岩槻を経て日光道中の幸手へ),壬生(みぶ)通(日光道中の小山から分かれ,飯塚,壬生等を経て日光道中の今市へ)がある。また千住から新宿(にいじゆく)・八幡(やわた)・松戸を経る水戸佐倉道はこの3宿だけが道中奉行の管轄であった。…

※「佐屋路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報