コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃路 みのじ

3件 の用語解説(美濃路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美濃路
みのじ

東海道の熱田と中山道の垂井を結ぶ道路。名古屋市熱田区の宮の宿で東海道と分岐し,清州,稲葉 (稲沢市) ,萩原 (一宮市) ,起 (おこし。尾西市) ,墨俣 (すのまた。岐阜県) ,大垣 (岐阜県) の各宿を経て,中山道の垂井の宿に達する 14里 24町 (57.5km) の脇街道。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

美濃路【みのじ】

江戸時代,中山道脇街道で,道中奉行支配。中山道の垂井(たるい)宿で分岐して,大垣(おおがき)宿・墨俣(すのまた)宿,長良川・木曾川の舟渡しを経て,名古屋宿から東海道の宮(みや)宿に至る。
→関連項目宿村大概帳墨俣川の戦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みのじ【美濃路】

江戸時代,中山道の脇往還として道中奉行支配下に置かれていた街道。中山道垂井(たるい)宿から分岐して2里半6町で大垣宿,揖斐(いび)川の船渡しを経て2里50間で墨俣(すのまた)宿,長良川と木曾川の船渡しを経て(おこし)宿へ2里17町25間,1里を経て萩原宿,1里半で稲葉宿,さらに1里半で清洲(きよす)宿,2里を経て名古屋宿,ここから東海道宮宿(熱田)へ1里半の7ヵ宿が美濃路の宿駅である。朝鮮通信使琉球使節,象,茶壺道中などのほか,近世初頭には将軍の上洛のさい多くはこの道を通り,重要路の一つであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の美濃路の言及

【尾張国】より

…海上旅行になれぬ者のため宮宿から脇往還佐屋路宿が分かれ川下りで桑名に達した。中山道と東海道を結ぶ美濃路も宮宿から名古屋を通り起(おこし)宿で木曾川を越え美濃墨俣宿に至り垂井宿で中山道と結んだ。吉例街道ととなえ大通行の将軍上洛や朝鮮通信使,琉球使節の通行をはじめ13藩の参勤交代に利用された。…

【街道】より

…それらの管理は初期には代官また老中なども関与していたが,1659年(万治2)以降は道中奉行を置いて専管させた。道中奉行の管理下にあったのは,東海道(品川~京都・大坂),中山道(板橋~守山,次の草津で東海道となる),日光道中(千住~日光),奥州道中(宇都宮~白河),甲州道中(内藤新宿~上諏訪,次の下諏訪で中山道に結ぶ)の五街道のほか,東海道と中山道を結ぶ美濃路(熱田~垂井),東海道の脇街道というべき佐屋路(熱田~桑名),本坂通(浜松~御油または吉田),山崎通(伏見~山陽道の西宮),中山道と日光道中を結ぶ例幣使道(倉賀野~壬生(みぶ)通の楡木へ),日光道中の脇街道というべき日光御成道(岩淵~岩槻を経て日光道中の幸手へ),壬生(みぶ)通(日光道中の小山から分かれ,飯塚,壬生等を経て日光道中の今市へ)がある。また千住から新宿(にいじゆく)・八幡(やわた)・松戸を経る水戸佐倉道はこの3宿だけが道中奉行の管轄であった。…

【東海道】より

…しかし1185年(文治1),源頼朝が駅制を定めて京都・鎌倉間の交通路の整備をはかったので,交通路としての東海道は近江,美濃,尾張,三河,遠江,駿河,伊豆,相模を通過するこの幹線道路をさすようになった。この道を平安時代,すなわち《延喜式》に記載された東海道と比較すると,まず鈴鹿峠を越える伊勢路が,関ヶ原を越える美濃路に変更されていること,また足柄峠を越えたのち相模国府(海老名(えびな)市)より武蔵国府(府中市)にむかって内陸部を進んでいた道が,海岸沿いに鎌倉へ直行するようになったこと,さらにより鎌倉への近道となる芦ノ湖南岸の箱根路,湯坂道が,従来の北の足柄道と同等に利用,整備されるようになったこと等がおもなちがいである。室町時代の京都・鎌倉間は《大乗院日記目録》(応仁2年(1468)12月15日条)によれば,その間120余里,63宿ある。…

※「美濃路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

美濃路の関連キーワード道中奉行姫街道北国路脇往還和美峠四駅脇街道与野[市]群馬県高崎市倉渕町三ノ倉上野[村]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美濃路の関連情報