綴字(読み)つづりじ

精選版 日本国語大辞典 「綴字」の意味・読み・例文・類語

つづり‐じ【綴字】

〘名〙 連音または単語を書き表わすために、表音文字一定の順に組み合わせること。ていじスペリング
小公子(1890‐92)〈若松賤子訳〉七「古文事故、綴字(ツヅリジ)は今と多少、趣きが変ってゐて」
[語誌]「つづり字」は、「綴字」の字面を半ば訓読したもの。「綴字」は元来「ていじ」または「せつじ・てつじ」と音読され、また熟字訓として「かなづかい」「つづり」ともよまれた。

てい‐じ【綴字】

〘名〙 言語音声や、単語、文章などを表音文字で書き表わすこと。また、その文字。てつじ。つづり。〔西洋学校軌範(1870)〕

てつ‐じ【綴字】

〘名〙 =ていじ(綴字)〔音訓新聞字引(1876)〕

せつ‐じ【綴字】

〘名〙 「ていじ(綴字)」の誤読

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「綴字」の意味・読み・例文・類語

てい‐じ【×綴字】

言語の音韻表音文字で書き表すこと。また、書き表した文字。つづり字。てつじ。
[類語]表記綴りスペリングスペル

てつ‐じ【×綴字】

ていじ(綴字)」の慣用読み

せつ‐じ【×綴字】

ていじ(綴字)」の誤読。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android