綴字(読み)つづりじ

精選版 日本国語大辞典「綴字」の解説

つづり‐じ【綴字】

〘名〙 連音または単語を書き表わすために、表音文字を一定の順に組み合わせること。ていじ。スペリング
※小公子(1890‐92)〈若松賤子訳〉七「古文の事故、綴字(ツヅリジ)は今と多少、趣きが変ってゐて」
[語誌]「つづり字」は、「字」の字面を半ば訓読したもの。「綴字」は元来「ていじ」または「せつじ・てつじ」と音読され、また熟字訓として「かなづかい」「つづり」ともよまれた。

せつ‐じ【綴字】

〘名〙 「ていじ(綴字)」の誤読

てい‐じ【綴字】

〘名〙 言語の音声や、単語、文章などを表音文字で書き表わすこと。また、その文字。てつじ。つづり。〔西洋学校軌範(1870)〕

てつ‐じ【綴字】

〘名〙 =ていじ(綴字)〔音訓新聞字引(1876)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android