コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綴方教室 つづりかたきょうしつ

2件 の用語解説(綴方教室の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つづりかたきょうしつ【綴方教室】

豊田正子の綴方作品集。豊田は1922年東京の下町,本所に生まれ,葛飾区立本田立石尋常小学校4年生のとき,子どもの目に写った下町の庶民生活を綴方に書いた。それらが雑誌《赤い鳥》綴方作品欄に多数入選し,鈴木三重吉の高い評価を得,大木顕一郎・清水幸治共著《綴方教室》(1937)として出版された。同書は,大木の指導によって豊田の才能が作品化されたもので,綴方表現指導を現実社会の認識・思考の教育的方法として位置づける生活綴方運動の作品群とは異質である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綴方教室
つづりかたきょうしつ

東京の下町に生い立った一少女豊田正子(とよだまさこ)(1922―2011)の書いた作文集。大正期に創刊された童話雑誌は、みな子供の作文や自由詩を募集していたが、豊田正子は小学3年生ごろより教師の指導で『赤い鳥』に作文を投稿。鈴木三重吉(みえきち)より高い評価を得て書き続けた作文を、教師の大木顕一郎が編んで『綴方教室』(1937・中央公論社)として出版、続編に『続綴方教室』『粘土のお面』がある。自然の美しさを素朴に綴ることをおもな目的とした綴方を、いわゆる生活綴方に転換させる糸口をつくった。社会的にも有名になり、高峰秀子の主演により映画化され、また児童演劇化もされた。作者の豊田正子は、小学校を卒業したあと労働生活のなかで小説を書くようになり、長編『芽ばえ』『おゆき』などを出した。[上笙一郎]
『豊田正子著『綴方のふるさと』(1963・理論社) ▽『綴方教室』(1984・木鶏社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綴方教室の関連キーワード豊田聴雪挙母豊田市豊田豊田紹有豊田二十子豊田彦次郎豊田正子豊田無関豊田正宗

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

綴方教室の関連情報