コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿座 わたざ

1件 の用語解説(綿座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わたざ【綿座】

綿を販売する座。南北朝期の1343年(興国4∥康永2),京都では祇園社に属する綿本座が三条町と七条町にあり,四府駕輿丁座付属の錦小路町の綿商人を吸収し,本座に加えている。したがってこのころまでに祇園社の綿本座の販売独占権が確立していたと考えられる。また同年,振売を行っていた新興の散在商人が綿新座を称して,本座と激しい争論をおこし,新座も承認されるが,このときの新座商人は64人に上っている。綿本座・新座商人はともに祇園社の神人であり,毎年6月の祇園会には神供米を献上,営業税を納めて独占権を確保していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

綿座の関連キーワード洞院公賢祇園執行日記2010年参院選本門寺ビチレブ島神皇正統記ピサ市河興仙上杉清子菊池武光

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone