コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿座 わたざ

世界大百科事典 第2版の解説

わたざ【綿座】

綿を販売する。南北朝期の1343年(興国4∥康永2),京都では祇園社に属する綿本座三条町七条町にあり,四府駕輿丁座付属の錦小路町の綿商人を吸収し,本座に加えている。したがってこのころまでに祇園社の綿本座の販売独占権が確立していたと考えられる。また同年,振売を行っていた新興の散在商人が綿新座を称して,本座と激しい争論をおこし,新座も承認されるが,このときの新座商人は64人に上っている。綿本座・新座商人はともに祇園社の神人であり,毎年6月の祇園会には神供米を献上,営業税を納めて独占権を確保していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

綿座の関連キーワード神人(じにん)祇園執行日記高橋 石霞高橋石霞小袖座

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android