卓絶(読み)タクゼツ

デジタル大辞泉の解説

たく‐ぜつ【卓絶】

[名](スル)他に比べるものがないほどすぐれていること。きわだってすぐれていること。「卓絶した業績を残す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たく‐ぜつ【卓絶】

〘名〙 (形動) 圧倒的にすぐれていること。比肩するもののないほどに立派であること。また、そのさま。
※続日本紀‐養老三年(719)一一月乙卯「神叡法師、幼而卓絶、道性夙成」
※箚録(1706)「南方を正統にして高氏が罪を正されたることこそ、卓絶の見、万世の則と云べし」 〔晉書‐孫楚〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報