卓絶(読み)たくぜつ

精選版 日本国語大辞典「卓絶」の解説

たく‐ぜつ【卓絶】

〘名〙 (形動) 圧倒的にすぐれていること。比肩するもののないほどに立派であること。また、そのさま。
※続日本紀‐養老三年(719)一一月乙卯「神叡法師、、道性夙成」
※箚録(1706)「南方を正統にして高氏が罪を正されたることこそ、卓絶の見、万世の則と云べし」 〔晉書‐孫楚〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「卓絶」の解説

たく‐ぜつ【卓絶】

[名](スル)他に比べるものがないほどすぐれていること。きわだってすぐれていること。「卓絶した業績を残す」
[類語]卓抜卓出卓越逸出

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「卓絶」の解説

【卓絶】たくぜつ

傑出する。〔三国志、管寧伝〕高恬泊、に擬し、行卓に偶(たぐひ)無し。~に宜しく束帛を加へ禮を備へて聘すべし。

字通「卓」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android