緒方宮迫西石仏(読み)おがたみやさこにしせきぶつ

国指定史跡ガイドの解説


大分県豊後大野市緒方町にある石仏。大野川の支流、緒方川右岸に張り出した丘陵の西側に所在する。平安時代後期の磨崖仏で、豊後武士の惣領(そうりょう)緒方惟栄(これよし)による造立と伝えられ、釈迦如来を中心に、向かって右に阿弥陀如来、左に薬師如来が並ぶが、3体はいずれも像高1.45m。ともに奥壁から丸彫りに近い厚さで彫られ、螺髪(らほつ)は大粒で、顔は面長、太い、厳しい眼、口元をきつく結んだ威厳のある容貌をしている。体部は量感にあふれており、いずれの石仏も彩色が比較的よく残っており、肉身部は黄土、着衣は表を朱、折り返し部は群青にし、眉、眼、で描き、唇には朱を点じている。3体は、釈迦如来に過去を、薬師如来現世を、阿弥陀如来来世を託す三世三千仏として造顕されたと推定される。1934年(昭和9)に国の史跡に指定され、2002年(平成14)に追加指定があった。約500m離れたところには、同じく国の史跡に指定されている緒方宮迫東石仏がある。JR豊肥本線緒方駅から徒歩約35分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android