コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方規雄 おがた のりお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方規雄 おがた-のりお

1887-1970 大正-昭和時代の細菌学者。
明治20年1月28日生まれ。緒方正規の子。ドイツに留学後,千葉医大(現千葉大医学部)教授,のち東邦大,日本歯大教授。昭和4年にツツガムシ病のリケッチア病原体説を確立し,浅川賞,野口英世医学賞を受賞。昭和45年2月6日死去。83歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本恙虫(つつがむし)病」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緒方規雄
おがたのりお
(1887―1970)

医学者、細菌学者。東京生まれ。父は日本の衛生学・細菌学の先駆緒方正規(まさのり)。東京帝国大学医科大学を卒業後、父のもとで細菌学を学び、のちドイツに留学した。帰国後、千葉医科大学(千葉大学医学部の前身)教授。1927年(昭和2)、ウサギの睾丸(こうがん)につつが虫病患者血液を接種し、睾丸から睾丸へ継代することによって、つつが虫病病原を患者から研究室へ確実に持ち込むことに初めて成功した。1929年、感染ウサギの睾丸材料中からつつが虫病病原の形態を明らかにした。しかしこのとき緒方は学名を発表せず、一方、緒方からつつが虫病病原株(感染ウサギ睾丸材料)の分与を受けて新知見を報告した長与又郎(ながよまたろう)らが、この病原をリケッチア・オリエンターレスと命名したため大論争がおこった。緒方、長与ら、および川村麟也(りんや)(1879―1947)らのつつが虫病病原研究は浅川賞を受け、緒方は野口英世記念医学賞を受けた。著書に『日本恙虫(つつがむし)病』(1958)がある。[藤野恒三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

緒方規雄の関連キーワード野口英世記念医学賞藤野恒三郎川村麟也林 直助昭和時代

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android