コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方正規 おがたまさのり

7件 の用語解説(緒方正規の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緒方正規
おがたまさのり

[生]嘉永6(1853)
[没]1919
衛生学者。 1880年東京大学医学部卒業後ドイツに留学。ミュンヘン大学で衛生学を学んで 84年に帰国。 86年帝国大学医科大学の衛生学初代教授となり,細菌学も講義して,日本に細菌学を紹介した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おがた‐まさのり〔をがた‐〕【緒方正規】

[1853~1919]医学者。熊本の生まれ。東大教授。ドイツに留学。日本の衛生学・細菌学の基礎を築いた。明治29年(1896)ペストネズミのノミで媒介されることを発見。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方正規 おがた-まさのり

1853-1919 明治-大正時代の医学者。
嘉永(かえい)6年11月5日生まれ。明治13年ドイツに留学し衛生学,細菌学をまなぶ。19年帝国大学教授となり,日本ではじめて衛生学の講座を担当。内務省衛生試験所に細菌室を創設,細菌学の基礎をつくった。29年台湾でペスト菌の予防研究につくす。31年東京帝大医科大学長。大正8年7月30日死去。67歳。肥後(熊本県)出身。東京大学卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

緒方正規

没年:大正8.7.30(1919)
生年:嘉永6.11.5(1853.12.5)
明治大正期の細菌学者,衛生学者。肥後国(熊本県)生まれ。熊本医学校でマンスフェルトに師事し,西洋医学を学ぶ。のちに東大に移り,明治13(1880)年に東大医学部を卒業。翌年,ドイツに留学しライプチヒ大などで生理学,衛生学を学ぶ。17年12月に帰国,翌年より内務省衛生試験所と東大医学部の教職を兼任,19年3月帝大医科大教授。21年,医学博士の学位を受け衛生学講座担任となる。また,海軍医学校で細菌学を教授した。31年から34年まで東京帝大医科大学長。日本に実験的衛生学と細菌学を移植,発展させた人物である。

(高安伸子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おがたまさのり【緒方正規】

1853‐1919(嘉永6‐大正8)
衛生学者,細菌学者。熊本県生れ。藩医玄春の長男。古城医学校(熊本)を経て,1880年東大医学部卒業。ドイツに留学しM.vonペッテンコーファーに衛生学を学ぶ。85年東大医学部に衛生学教室(日本最初)が設置され,彼がこれを担当,衛生学と細菌学の教育と指導にあたり,翌86年教授に任命された。1906年衛生学は2講座となり,第1講座を彼が担当して黴菌(ばいきん)学を講じた。1884年帰朝の際チフス菌の純培養をもち帰り,日本細菌学の基礎づくりに寄与。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おがたまさのり【緒方正規】

1853~1919) 医学者。肥後熊本の人。東大教授。ドイツに留学後、日本の衛生学・細菌学の基をひらいた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緒方正規
おがたまさのり
(1853―1919)

明治期の医学者。日本の衛生学・細菌学の開祖。肥後(ひご)国(熊本県)生まれ。1879年(明治12)の東京大学医学部第1回卒業生18人中の1人。翌1880年ドイツのミュンヘン大学教授ペッテンコーファーのもとに留学、衛生学を学んだ。1882年、コッホの結核菌発見を知った内務省衛生局長長与専斎(ながよせんさい)は、緒方に対して、コッホについて細菌学を修めるよう指示した。しかしコッホがエジプト旅行中のため、彼はレフラーの指導を受けた。また、長与は、薬学者柴田承桂(しばたしょうけい)をベルリンの衛生博覧会に派遣して細菌学研究用機械器具一式を購入させたが、緒方はこれに協力した。1884年帰国し、1885年2月には東京大学御用掛、内務省衛生局兼務となり、衛生試験所に細菌室を創設して研究を開始した。ここには、長与の指示により、北里柴三郎(しばさぶろう)をはじめ、陸軍の賀古鶴所(かこつるど)(1855―1931)、海軍の桑原荘介、岡山医学校の菅之芳(すがゆきよし)(1854―1914)らが就学、緒方はこれを「本邦細菌室の嚆矢(こうし)」という。1896年台湾でペストの流行を調査中、流行地のネズミの死体に付着するノミにペスト菌の存在を証明、ドイツの専門誌に発表したが、これはペストの流行がノミの媒介によることに関する最初の報告である。帝国学士院会員。[藤野恒三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

緒方正規の関連キーワード石英岩徳川家慶北欧美術アメリカ音楽サイモン委員会コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩明治維新

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone