コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

締(め)切り/閉(め)切り シメキリ

1件 の用語解説(締(め)切り/閉(め)切りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しめ‐きり【締(め)切り/閉(め)切り】

戸・窓などを、閉じたままにすること。また、閉じられたままの場所。「戸を―にする」「―の部屋」
(締め切り)取り扱いを打ち切ること。また、その時日。あらかじめ決められた終了の期日。「受付は一〇時で―にする」「願書提出の―」
(「〆切」とも書く)茶入れ・水指(みずさし)・建水の一種で、全体に糸で締めたような筋があるもの。口・底ともに広く、一般に鉄鉢に口を作り添えた形のもので、南蛮焼に多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

締(め)切り/閉(め)切りの関連キーワード曠職適意見置く結び切り開けっ放し彼方任せ威福をほしいままにする締切る専恣

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone