コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

締(め)切り/閉(め)切り シメキリ

デジタル大辞泉の解説

しめ‐きり【締(め)切り/閉(め)切り】

戸・窓などを、閉じたままにすること。また、閉じられたままの場所。「戸を―にする」「―の部屋」
(締め切り)取り扱いを打ち切ること。また、その時日。あらかじめ決められた終了の期日。「受付は一〇時で―にする」「願書提出の―」
(「〆切」とも書く)茶入れ水指(みずさし)・建水の一種で、全体に糸で締めたような筋があるもの。口・底ともに広く、一般に鉄鉢に口を作り添えた形のもので、南蛮焼に多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

締(め)切り/閉(め)切りの関連キーワードとび・土工・コンクリート工事(建設業許可の一種)原語別外来語集斜流ポンプ川副[町]ゾイデル海下関(市)通信日付印締切り工残高勘定就業規則労働条件ケーソン矢板工法仮設工事元荒川客車決算時日下版号外

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android