鉄鉢(読み)テッパツ

デジタル大辞泉の解説

てっ‐ぱつ【鉄鉢】

鉄製の鉢(はち)。僧が托鉢(たくはつ)で食物などを受けるのに用いる。応器。てつばち。
兜(かぶと)の鉄製のもの。かなばち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てっぱつ【鉄鉢】

托鉢たくはつ僧が食を受けるための鉄製の鉢。てつばち。応器。
鉄で作った兜かぶとの鉢。金鉢かなばち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

てっぱつ【鉄鉢】

僧が托鉢(たくはつ)(米や金銭を乞うて歩く修行)の時に用いる鉄製の黒い鉢。応量器の一種で、鉄製でなくてもいうことがある。また、この形に似た陶磁器の鉢をいうこともあり、煮物などを盛るのに用いる。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄鉢の関連情報