コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄鉢 テッパツ

デジタル大辞泉の解説

てっ‐ぱつ【鉄鉢】

鉄製の鉢(はち)。僧が托鉢(たくはつ)で食物などを受けるのに用いる。応器。てつばち。
兜(かぶと)の鉄製のもの。かなばち。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てっぱつ【鉄鉢】

托鉢たくはつ僧が食を受けるための鉄製の鉢。てつばち。応器。
鉄で作った兜かぶとの鉢。金鉢かなばち

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

てっぱつ【鉄鉢】

僧が托鉢(たくはつ)(米や金銭を乞うて歩く修行)の時に用いる鉄製の黒い鉢。応量器の一種で、鉄製でなくてもいうことがある。また、この形に似た陶磁器の鉢をいうこともあり、煮物などを盛るのに用いる。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

鉄鉢の関連キーワード弥彦神社(いやひこじんじゃ)福島県田村市船引町東部台空海/弘法伝説信貴山縁起絵巻種田山頭火弥彦(村)当世具足三衣一鉢小原流竜雲寺恵日寺手水鉢締切り行脚衣鉢金鉢

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄鉢の関連情報