コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建水 けんすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建水
けんすい

こぼし,水翻 (みずこぼし) ,水覆 (みずおおい) などともいう。点茶のとき茶碗をすすいだ湯水をこぼす器。唐物銅製,陶器,曲物 (木製) などがある。煎茶道では納汚,滓盂などと称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐すい【建水】

茶道具の一。点茶の際、茶碗をすすいだ湯水を捨てる広口の容器。水こぼし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

建水【けんすい】

茶道具の一つ。茶碗(ちゃわん)のすすぎ水を捨てる器。建は〈くつがえしてこぼす〉意で,こぼし,水翻(みずこぼし)ともいう。木製,陶器,銅製などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けんすい【建水】

茶道具の一。点茶の際、茶碗をすすいだ湯水を捨てる器。みずこぼし。こぼし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

けんすい【建水】

茶道で、茶をたてる際に茶碗をきれいにした湯水を捨てる容器。◇「こぼし」「水こぼし」ともいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建水
けんすい

茶器の一種。茶席で茶碗(ちゃわん)を清めた湯や水を捨てる器。通称「こぼし」。古くは水覆、水翻、水下(みずこぼし)とも書いた。もともと台子皆具(だいすかいぐ)の一つとして、中に蓋置(ふたおき)を入れて飾った。素材は唐銅(からかね)であった。建水は大きく金属、陶磁、木竹の3種類に区別できるが、これは、建水が台子皆具から独立して用いられるようになってからのことである。主として金属は唐銅のほかに砂張(さはり)、毛織(モール)、七宝(しっぽう)、鍍金(ときん)、南鐐(なんりょう)、真鍮(しんちゅう)などが使われた。砂張には合子(ごうす)に優れたものがある。また陶磁には南蛮焼、ハンネラ、染付(そめつけ)、備前(びぜん)焼のほか、瀬戸焼、信楽(しがらき)焼、伊賀焼、丹波(たんば)焼、唐津(からつ)焼などがあり、その産地、形状とも多種多様である。木竹はいわゆる「曲(まげ)」といわれるもので、もっとも素朴で清浄感のある木地(きじ)曲のほか、塗曲、蒔絵(まきえ)、箔(はく)押しを施したもの、また竹や桜皮を周囲に張り巡らせたものもある。通常「七種建水」と称されるのは、大脇差(おおわきざし)、差替(さしかえ)、棒(ぼう)の先(さき)、鉄盥(かなだらい)、鎗(やり)の鞘(さや)、瓢箪(ひょうたん)、餌(えふご)の七つである。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

建水の関連キーワード大阪府南河内郡千早赤阪村水分南蛮焼き・南蛮焼千早赤阪(村)千早赤阪[村]水翻・水零し京焼・清水焼餌畚・餌籮千早赤阪村零す・溢す零し・溢し合子・盒子小石原焼村田富久魚住為楽南蛮縄簾茶道具唐津焼志野陶詹天佑李長庚

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建水の関連情報