コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罷免権 ひめんけんrights of dismissal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

罷免権
ひめんけん
rights of dismissal

内閣総理大臣は,任意に国務大臣をやめさせることができるという権限。憲法第 68条第2項に基づく。 1986年,藤尾文相の日韓併合発言が外交問題化したことから,政府は辞表提出を促したが,文相がこれを拒否したため,中曽根首相は吉田内閣以来 33年ぶりに罷免権を行使した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひめんけん【罷免権】

罷免する権利。憲法上、内閣総理大臣が、任意に国務大臣を罷免しえる権利。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

罷免権
ひめんけん

公務員を、その意に反して一方的に辞めさせる権限。内閣総理大臣は、内閣の統一を確保するため任意に国務大臣を罷免することができる(憲法68条2項)とされ、また、公務員を選定し、およびこれを罷免することは、国民固有の権利である(憲法15条1項)とされている。もっとも、後者の罷免権の趣旨は、国民主権の理念を表明したもので、個々の公務員を罷免することができることを定めたものではないと解されており、実際は国会の制定した(国家・地方)公務員法に定められたところに基づいてのみ罷免(免職)が行われる。そのほか、地方公共団体の長や議員に対する住民の解職請求(地方自治法80条・81条・86条)が罷免権の例としてあげられる。[福家俊朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

罷免権の関連キーワード公務員選定罷免権沖縄高等弁務官聖職叙任権闘争欧州憲法条約新三民主義指揮監督権五権憲法メキシコ国民審査直接請求近衛内前参政権閣議

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android