コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罷免権 ひめんけん rights of dismissal

4件 の用語解説(罷免権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

罷免権
ひめんけん
rights of dismissal

内閣総理大臣は,任意に国務大臣をやめさせることができるという権限。憲法第 68条第2項に基づく。 1986年,藤尾文相の日韓併合発言が外交問題化したことから,政府は辞表提出を促したが,文相がこれを拒否したため,中曽根首相は吉田内閣以来 33年ぶりに罷免権を行使した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひめん‐けん【罷免権】

内閣総理大臣が、閣僚の国務大臣を罷免できる権限。日本国憲法第68条に規定。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひめんけん【罷免権】

罷免する権利。憲法上、内閣総理大臣が、任意に国務大臣を罷免しえる権利。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

罷免権
ひめんけん

公務員を、その意に反して一方的に辞めさせる権限。内閣総理大臣は、内閣の統一を確保するため任意に国務大臣を罷免することができる(憲法68条2項)とされ、また、公務員を選定し、およびこれを罷免することは、国民固有の権利である(憲法15条1項)とされている。もっとも、後者の罷免権の趣旨は、国民主権の理念を表明したもので、個々の公務員を罷免することができることを定めたものではないと解されており、実際は国会の制定した(国家・地方)公務員法に定められたところに基づいてのみ罷免(免職)が行われる。そのほか、地方公共団体の長や議員に対する住民の解職請求地方自治法80条・81条・86条)が罷免権の例としてあげられる。[福家俊朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

罷免権の関連キーワード大臣行政大臣主任の大臣副総理認証式組閣総理大臣指示特命担当大臣内閣改造復興大臣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

罷免権の関連情報