美々津(読み)みみつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美々津
みみつ

宮崎県北部、日向(ひゅうが)市南部臨海に位置する地区で漁港。旧美々津町。耳川の右岸河口、石並(いしなみ)川河口にあり、山地が海に迫る。神武(じんむ)天皇の船出伝説が残り、それにちなむ立磐(たていわ)神社、東征の際献上したというつきいれ餅(もち)の特産品がある。古代駅家の美禰(みね)は美彌(みみ)の誤記と思われ、美々津に想定されている。中世は県北土持(つちもち)氏の所領で、江戸時代は高鍋(たかなべ)藩秋月(あきづき)氏が支配した。同藩の重要な港で、番所や蔵などが置かれた。明治初めの一時期には美々津県が置かれたこともある。美々津に残る歴史的景観は、1986年(昭和61)に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みみつ【美々津】

明治四年(一八七一)高鍋・延岡・佐土原の三県を廃して日向国に置かれた県。同六年、都城県と合併して宮崎県となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の美々津の言及

【日向[市]】より

…市街地は江戸時代に天領の手代所(陣屋)があった富高(とみたか)を中心に発展し,日豊本線,国道10号線が通り,国道327号線を分岐する。江戸初期は延岡藩領,1692年(元禄5)南部の美々津(みみつ),幸脇(さいわき)を除く地域が天領になった。陸繫島上の細島は古くからの良港で,中世には中国貿易も行われ,日向第1の港として栄えた。…

※「美々津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美々津の関連情報