コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日向国 ひゅうがのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日向国
ひゅうがのくに

現在の宮崎県西海道の一国。中国。日向は「ひむか」で日に向う意。「記紀」の神話ではニニギノミコトが高天原からこの地に降臨したと伝えるが,考古学的には肯定できない。「記紀」にみえる熊襲 (くまそ) の居住地であったとみられる。日向という地名は,古くは,のちの薩摩,大隅をも含む南九州の総称として用いられた時代もあったらしい。『続日本紀』和銅6 (713) 年4月の条には当国の4郡をさいて大隅国をおくとある。国府,国分寺ともに西都市三宅。『延喜式』には臼杵 (うすき) ,児湯 (こゆ) ,宮崎などの5郡,『和名抄』では 28郷,田 4800町を載せている。鎌倉時代初期,建久8 (1197) 年の『建久図田帳』には 8064町の田を載せているが,その大部分は荘園であり,特に近衛家の島津荘,宇佐八幡宮領,八条女院領国富荘はそれぞれ 1000町をこえる大規模なものであった。鎌倉時代の守護としては初め島津氏が任じられたが,中期以降には北条氏がこれに代った。南北朝時代には畠山氏,一色氏が守護に任じられたが,室町時代には再び島津氏の支配が続いた。その後地頭から台頭した伊東氏が勢力を有したが,やがて豊臣秀吉の勢力のもとに島津氏も屈した。江戸時代には佐土原に島津氏,高鍋に秋月氏,延岡に内藤氏,飫肥 (おび) に伊東氏,宇土に細川氏が封じられて,幕末にいたった。明治4 (1871) 年の廃藩置県後,美々津県,都城県となり,1873年宮崎県に統合された。その後,76年鹿児島県に併合,83年宮崎県を分置した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひゅうが‐の‐くに〔ひうが‐〕【日向国】

日向

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日向国【ひゅうがのくに】

旧国名。日州とも。西海道の一国。現在の宮崎県。713年大隅(おおすみ)国を分置。8世紀初めに薩摩(さつま)国を分置したとの説もある。《延喜式》に中国,5郡。国府は現在の西都市。
→関連項目飫肥藩九州地方宮崎[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ひゅうがのくに【日向国】

現在の宮崎県鹿児島県の一部を占めた旧国名。天孫降臨神話の舞台となり、西都原(さいとばる)古墳群からは大和朝廷との関係もうかがえる。律令(りつりょう)制下で西海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は中国(ちゅうこく)で、京からは遠国(おんごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の西都市におかれていた。平安時代には島津(しまづ)荘など多くの荘園(しょうえん)が成立した。南北朝時代から島津氏と伊東氏が勢力を二分し、1578年(天正(てんしょう)6)に島津義弘(よしひろ)が支配を確立した。江戸時代には延岡(のべおか)藩高鍋(たかなべ)藩などの藩領と幕府直轄領とに分割され、幕末に至った。1871年(明治4)の廃藩置県により美々津(みみつ)県と都城(みやこのじょう)県がつくられたが、1873年(明治6)に合併して宮崎県となった。ついで1876年(明治9)に鹿児島県に編入されたが、1883年(明治16)に再置された。◇日州(にっしゅう)ともいう。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゅうがのくに【日向国】

旧国名。日州。現在の宮崎県および鹿児島県の一部。
【古代】
 西海道に属する中国(《延喜式》)。日向ははじめは九州南部一帯の呼称で熊襲,隼人の居住地をいった。8世紀初めまず薩摩国を分出し,ついで713年(和銅6)に日向国肝坏(きもつき),贈於(そお),大隅,姶(あいら)の4郡を分割して大隅国を設置し(《続日本紀》),九州南部の一国としての境域が確定した。《延喜式》によれば臼杵,児湯(こゆ),那珂,宮崎,諸県(もろかた)の5郡より成り,国府は児湯郡(現,宮崎県西都(さいと)市三宅国分)に置かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日向国
ひゅうがのくに

現在の宮崎県にあたる旧国名。西海道の一つ。国名が史料のうえで最初に確認されるのは698年(文武天皇2)、同国より朱沙(しゅしゃ)が献ぜられたとする『続日本紀(しょくにほんぎ)』の記事においてである。当時日向国は薩摩(さつま)・大隅(おおすみ)を含む九州の南東部一帯の総称であったが、8世紀の初めには薩摩・大隅両国が分置され、日向の国域が定まった。国府は現在の西都(さいと)市三宅(みやけ)と推定されている。『延喜式(えんぎしき)』によれば、律令(りつりょう)制下の国の等級は「中国」で、5郡よりなっている。天孫降臨から日向三代までの記紀神話の舞台でもある。
 11~12世紀ごろには都城(みやこのじょう)盆地に島津荘(しまづのしょう)が、臼杵(うすき)郡の五ヶ瀬流域を中心に熊野社領の高知尾(たかちお)荘、宇佐宮領の臼杵荘が、そして宮崎の平野部には国富(くどみ)荘などが形成された。12世紀以降の鎌倉期にそれぞれの荘園が著しい発展をみせたのに伴い、島津荘の総地頭(そうじとう)惟宗(これむね)氏、宇佐宮領の地頭工藤氏、国富荘その他を基盤とする地頭土持(つちもち)氏など、在地勢力の角逐が繰り広げられたが、14世紀の南北朝期には、惟宗を改めた島津氏と、工藤を改めた伊東氏の2氏が勢力を二分した。
 その後、1578年(天正6)には島津義弘(よしひろ)が伊東氏を豊後(ぶんご)に追いやって日向を掌中に収めることに成功、しかし87年に島津氏が豊臣(とよとみ)秀吉に屈服を余儀なくされたあとは、日向は新たに島津氏、その一族の島津豊久(とよひさ)、同じく伊集院忠棟(いじゅういんただむね)、伊東祐兵(すけたけ)、秋月種実(たねざね)、高橋元種らに分給され、近世の錯雑な領域構成の原型がつくりだされた。すなわち、徳川氏の覇権確立後は、高橋元種の県(あがた)5万3000石、その兄秋月種長の高鍋(たかなべ)3万石、島津征久(以久)(ゆきひさ)の佐土原(さどはら)3万石、伊東祐慶(すけのり)の飫肥(おび)5万7000石の各藩のほかに、島津領、椎葉(しいば)・米良(めら)など肥後人吉(ひとよし)領、その預(あずかり)領、さらに中期には天領が加わって領域構成は錯綜(さくそう)を極めた。このうち県(延岡(のべおか))藩のみは高橋、有馬、三浦、牧野、内藤と領主の交替が相次ぎ、三浦氏以後は日向では唯一の譜代(ふだい)藩として明治を迎えた。諸藩とも山地を多く含んでいたため、特産物も杉木、炭、和紙、茶などの林野産物が中心をなし、諸藩ではその販売を通じて大坂・瀬戸内の市場と強く結び付いていたことで、歌舞伎(かぶき)、小唄(こうた)、浄瑠璃(じょうるり)など上方(かみがた)風の文化の流入もみられた。
 維新後の行政区画は、諸藩領の錯雑さを反映して、1871年(明治4)の廃藩置県では、延岡・高鍋・佐土原・飫肥・鹿児島・人吉の6県が置かれ、まもなく美々津(みみつ)・都城の2県へ分轄、73年両県の廃止による宮崎県の設置、76年の鹿児島県への併合、さらに83年宮崎県の復活という複雑な変遷をたどった。[上原兼善]
『喜田貞吉・日高重孝著『日向国史』上下(1930・史誌出版社) ▽松尾宇一著『日向郷土事典』(1954・宮崎市文華堂) ▽日高次吉著『宮崎県の歴史』(1970・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日向国の関連キーワード南海トラフと地震宮崎県西都市妻宮崎県西都市小林 乾一郎小村 俊三郎日吉 幾治宮崎[県]児玉 伊織大崎[町]日高 亀市長坂 研介日向髪長媛肥田 景之島津 忠亮耳川の戦島津忠久阿蘇惟澄有馬直純天竜寺船島津義久

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日向国の関連情報