コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日豊本線 にっぽうほんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日豊本線
にっぽうほんせん

九州の東海岸を走る鉄道。 JR九州小倉鹿児島間 462.6km。 1895年に小倉-行橋間が九州鉄道として開通,97年豊州鉄道により柳ヶ浦まで延長。 1907年国有化。 11年柳ヶ浦-大分間,22年大分-宮崎間が開通し,23年に吉松まで全通。 32年都城-隼人 (はやと) 間が開通して小倉-鹿児島間の現在線が日豊本線となった。霧島山北麓を迂回する旧路線は吉都線肥薩線となった。全線交流電化。 87年4月民営化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にっぽう‐ほんせん【日豊本線】

九州、小倉から大分宮崎を経て鹿児島に至るJR線。全長462.6キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日豊本線【にっぽうほんせん】

西小倉〜大分〜鹿児島間のJR線。営業キロ461.8km。九州東岸を南北に縦貫する鉄道で,北九州・大分・宮崎・鹿児島の諸都市を結ぶ。九州鉄道,豊州鉄道により1897年西小倉〜長洲(現在の柳ヶ浦)間全通。
→関連項目九州旅客鉄道[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にっぽうほんせん【日豊本線】

鹿児島本線小倉駅を起点とし,九州の東側海岸沿いを縦断,鹿児島本線鹿児島駅に至る462.6kmのJR九州の営業線。ほかにJR貨物に属する貨物支線4.6kmがある。おもな経由地は別府,大分,延岡,宮崎の各市である。豊州鉄道会社が建設,1895年4月小倉~行橋(ゆくはし)間,97年9月行橋~柳ヶ浦間がそれぞれ開業した。豊州鉄道は1901年九州鉄道会社と合併,07年には鉄道国有法により国に移管され,小倉~柳ヶ浦間は豊州線となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にっぽうほんせん【日豊本線】

九州東海岸を走る JR 九州の鉄道線。462.6キロメートル。小倉から大分・宮崎を経て鹿児島に至る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日豊本線
にっぽうほんせん

九州旅客鉄道の線路名称。小倉(こくら)(福岡県)―大分―鹿児島間462.6キロメートル。複線化率25.9%(2011)。全線交流電化。九州東岸を縦断する幹線鉄道で、北九州市小倉で鹿児島本線より分岐し、中津、大分、宮崎平野、都城(みやこのじょう)盆地などを経て、鹿児島に至る。このほかに、日本貨物鉄道が小波瀬(おばせ)西工大前―苅田港(かんだこう)2.8キロメートルを保有。小倉―行橋(ゆくはし)間は1895年(明治28)九州鉄道により、行橋―柳ヶ浦(やなぎがうら)間は1897年豊州(ほうしゅう)鉄道によりそれぞれ開業し、後者は1901年(明治34)九州鉄道に合併されて、1907年に小倉―柳ヶ浦間は国有化された。1909年、線路名称の制定によって豊州本線と称し、1911年までに延長されて大分に達した。一方、鹿児島本線(現在は肥薩(ひさつ)線)吉松(よしまつ)より宮崎に向かう宮崎線の建設が始まり、北方より豊州本線、南方より宮崎線(1917年以降宮崎本線)の名称で1913年(大正2)以降逐次開業して、1923年両線は結ばれ、同時に日豊本線と改称した(ただし、宮崎―佐土原(さどわら)間は宮崎県営鉄道として1913年開業、1917年国有化されて妻(つま)軽便線となり、1920年宮崎本線に編入)。まもなく都城―国分(こくぶ)(現、隼人(はやと))間の短絡線建設が行われて、国都(こくと)東・西線の名称で1929~1932年(昭和4~7)に開通したが、この開業によって、都城―鹿児島間を日豊本線に編入し、在来の都城―吉松間を吉都(きっと)線として分離して現在のルートとなった。1966~1979年(昭和41~54)全線の交流電化を完成させた。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、九州旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日豊本線の関連キーワード九州旅客鉄道[株]佐土原[町]明礬[温泉]山之口[町]津久見[市]丸尾[温泉]加治木[町]九州旅客鉄道林田[温泉]豊前[市]高鍋[町]行橋[市]都城[市]宇佐[市]姶良[町]三股[町]可児孝次郎臼杵[市]北川[町]上浦[町]

日豊本線の関連情報