コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳川 みみかわ

4件 の用語解説(耳川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耳川
みみかわ

美々川とも書き,美々津川ともいう。宮崎県中部を東流し,日向灘に注ぐ川。全長 102km。宮崎,熊本県境の三方山 (1578m) に発し,十根川,七山川,柳原川などの支流を合流し,下流近くで坪谷川を合流,日向市美々津付近で日向灘に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

耳川【みみかわ】

宮崎県北部の川。美々津川とも。長さ91km,流域面積881km2。椎葉村の九州山地東面に発し,東流して日向(ひゅうが)市の南部で日向灘に注ぐ。上・中流部は深い峡谷をなし,電源開発が進み,上椎葉ダム塚原ダムなどがある。
→関連項目椎葉[村]東郷[町]宮崎[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みみかわ【耳川】

宮崎県北西部,椎葉地方の九州山地に源を発し,東流して日向市南部で日向灘に注ぐ川。美々川あるいは美々津(みみつ)川ともいう。流路延長91km,流域面積883km2,支流総数25。この川の特色は,上流から河口まで山地が連続して,深い谷が形成されていることである。上流の椎葉地方は標高1000mを超える九州山地に峡谷が刻まれ,古くから海岸と連絡する道路はなく,耳川が唯一の交通路であった。このため海岸地帯との交渉はほとんどなく,南方の米良荘(めらのしよう)とともに落人伝説をもつ秘境(隠田地域)といわれ,外部との連絡はむしろ九州山地の峠を越えて肥後側ともたれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

耳川
みみがわ

宮崎県北部、九州山地主部椎葉(しいば)村に発して東流し、日向(ひゅうが)市美々津(みみつ)で日向灘(なだ)に注ぐ川。「みみかわ」とも。延長102キロメートル、流域面積883平方キロメートル。上・中流部は九州山地を、下流部は尾鈴(おすず)山石英斑岩(はんがん)を侵食して、河口付近までV字谷を形成するため、沖積平野はみられない。そのため流域は入郷(いりごう)地帯や椎葉、諸塚(もろつか)など人口のもっとも少ない山村地域である。おもな支流は上流部に多く、十根(とね)川、不土野(ふどの)川、七ツ山(ななつやま)川、坪谷(つぼや)川などがある。耳川水系が開けたのは昭和以降の電源開発による。上椎葉発電所など八つの発電所が設けられ、河谷に沿い日向市より国道327号が走る。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耳川の関連キーワード小丸川川内川一ツ瀬川椎葉椎葉[村]宮崎県東臼杵郡椎葉村宮崎県東臼杵郡椎葉村下福良須木〈村〉宮崎県東臼杵郡椎葉村松尾宮崎県東臼杵郡諸塚村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耳川の関連情報