義蜂(読み)ギバチ

  • 義蜂 (ギバチ)

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Pseudobagrus aurantiacus
動物。ギギ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ギギ科の淡水魚。全長二〇センチメートルに達する。四対の口ひげがあり、胸びれを動かしてギーギーと摩擦音をたてる。形態、習性ともにギギに似ているが、尾びれの後縁はわずかにへこむ程度で、ギギのように深く切れこまない。背・胸びれの棘(きょく)には毒腺があり、刺されると痛むので、この名がある。食用とする。関東地方および富山県以北の本州に分布し、湖沼、河川の水のきれいなところにすむ。《季・秋》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android