羽黒派(読み)ハグロハ

世界大百科事典 第2版の解説

はぐろは【羽黒派】

修験道の一派。山形県の羽黒山を本山とする。崇峻天皇の子の蜂子(はちす)皇子を開祖と称し,苦行性と古態を残すことで知られる。平安末期から組織化が進み,最も栄えた鎌倉時代には七寺七院住坊四千と号し,守護・地頭不入の権を誇った。戦国時代に衰微したが,江戸時代には輪王寺宮管領と仰ぎ,社領1500石余,山上に32坊と108の堂舎,麓の手向(とうげ)には修験360坊が軒を並べ,関東,東北,甲信越の各地に約5000の配下修験,神職,巫女が居住した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はぐろは【羽黒派】

修験道の一派。山形県羽黒山の羽黒権現に奉仕した山伏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はぐろ‐は【羽黒派】

〘名〙 修験道の一派。羽前国(山形県)羽黒山の羽黒権現(出羽(いでは)神社)に奉仕した山伏の一派。〔木葉衣(1832)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android