コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽黒派 ハグロハ

3件 の用語解説(羽黒派の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はぐろ‐は【羽黒派】

修験道の一派。羽黒山羽黒権現に奉仕した山伏

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はぐろは【羽黒派】

修験道の一派。山形県の羽黒山を本山とする。崇峻天皇の子の蜂子(はちす)皇子を開祖と称し,苦行性と古態を残すことで知られる。平安末期から組織化が進み,最も栄えた鎌倉時代には七寺七院住坊四千と号し,守護・地頭不入の権を誇った。戦国時代に衰微したが,江戸時代には輪王寺宮を管領と仰ぎ,社領1500石余,山上に32坊と108の堂舎,麓の手向(とうげ)には修験360坊が軒を並べ,関東,東北,甲信越の各地に約5000の配下修験,神職,巫女が居住した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はぐろは【羽黒派】

修験道の一派。山形県羽黒山の羽黒権現に奉仕した山伏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽黒派の関連キーワード出羽三山出羽神社羽黒山永源寺派空也派山門派大徳寺派真盛派東福寺派南禅寺派