耳に付く(読み)みみにつく

精選版 日本国語大辞典「耳に付く」の解説

みみ【耳】 に 付(つ)

物音や声などがにとまって、いつまでも忘れられなくなる。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「四方の国聞きしに、かくばかり人聞こえず、この女なん、みみにつく、こころにつく」
② 同じことを何度も聞かされて、聞き飽きている。うるさく聞こえる。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「かのも、みみにつきて聞きにくかりしさへ、恋しう思し出てらるるままに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「耳に付く」の解説

みみ・く

音・声などが耳にとまって、気になる。「波の音が―・いて眠れない」
[類語]聞こえる響く伝わる聞き取れる耳に入る耳朶じだに触れる耳にする耳に挟む小耳に挟む耳に入れる耳に留まる聞き慣れる聞きつける耳慣れる聞き飽きる聞き古す耳に胼胝たこができる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android