コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞(こ)える キコエル

デジタル大辞泉の解説

きこ・える【聞(こ)える】

[動ア下一][文]きこ・ゆ[ヤ下二]《動詞「き(聞)く」の未然形に上代の自発の助動詞「ゆ」が付いた「きかゆ」の音変化》
音・声などが耳で感じられる。自然に耳に入る。「汽笛が―・える」
聞いて、そのように受け取られる。そのように理解・解釈される。とれる。「彼が言うと本当らしく―・える」「皮肉に―・える」
相手の言うことを、納得して認めることができる。物事のわけが理解できる。わかる。「そりゃ、―・えません」

㋐話がある所にまで伝わる。知れる。「君のうわさは重役にまで―・えているぞ」
㋑広く知られる。評判になる。「世に―・えた秀才」
言う」の謙譲語で、その対象を敬う。
㋐お耳に入れる。申し上げる。
「―・ゆれば恥づかし、―・えねば苦し」〈伊勢・一三〉
㋑便りで申し上げる。手紙を差し上げる。
「十二年の山ごもりしてなむ久しう―・えざりつると」〈後撰・恋二・詞書〉
㋒世間で名前・官職名を、…と申し上げる。…とお呼びする。
「昔、太政大臣(おほきおほいまうちぎみ)と―・ゆるおはしけり」〈伊勢・九八〉
5の誤用から。「きこえたまふ」全体で》「言う」の尊敬語。言われる。おっしゃる。
「力なきことは、な―・え給ひそ」〈読・雨月・菊花の約〉
(補助動詞)動詞連用形に付いて、謙譲の意を表す。…申し上げる。
「上の御ありさまなど思ひ出で―・ゆれば」〈・桐壺〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

聞(こ)えるの関連キーワードセントエルモの火ソニック・ブームガラガラヘビ信号検出理論せせこましいフォルマントオオヤモリ殺意の造型音の大きさヘイムダル大和屋 竺アブラゼミ天使が通る宮永 真弓でんでん物ヒグラシ夜泣き石条件反応原田芳雄ホエザル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android