コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞(こ)える キコエル

1件 の用語解説(聞(こ)えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きこ・える【聞(こ)える】

[動ア下一][文]きこ・ゆ[ヤ下二]《動詞「き(聞)く」の未然形に上代の自発の助動詞「ゆ」が付いた「きかゆ」の音変化》
音・声などが耳で感じられる。自然に耳に入る。「汽笛が―・える」
聞いて、そのように受け取られる。そのように理解・解釈される。とれる。「彼が言うと本当らしく―・える」「皮肉に―・える」
相手の言うことを、納得して認めることができる。物事のわけが理解できる。わかる。「そりゃ、―・えません」

㋐話がある所にまで伝わる。知れる。「君のうわさは重役にまで―・えているぞ」
㋑広く知られる。評判になる。「世に―・えた秀才」
言う」の謙譲語で、その対象を敬う。
㋐お耳に入れる。申し上げる。
「―・ゆれば恥づかし、―・えねば苦し」〈伊勢・一三〉
㋑便りで申し上げる。手紙を差し上げる。
「十二年の山ごもりしてなむ久しう―・えざりつると」〈後撰・恋二・詞書〉
㋒世間で名前・官職名を、…と申し上げる。…とお呼びする。
「昔、太政大臣(おほきおほいまうちぎみ)と―・ゆるおはしけり」〈伊勢・九八〉
5の誤用から。「きこえたまふ」全体で》「言う」の尊敬語。言われる。おっしゃる。
「力なきことは、な―・え給ひそ」〈読・雨月・菊花の約〉
(補助動詞)動詞連用形に付いて、謙譲の意を表す。…申し上げる。
「上の御ありさまなど思ひ出で―・ゆれば」〈・桐壺〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聞(こ)えるの関連キーワード癒える饐える生える身悶える芽生える掻き消える崩える照映える増える吠える

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone