コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖経 セイキョウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐きょう〔‐キヤウ〕【聖経】

聖人が著した書物。また、聖人の教えが書いてある書物。せいけい。
聖書。バイブル。
「実に―の行わるる国土こそ道に遺を拾わずと云可けれと」〈福沢学問のすゝめ

せい‐けい【聖経】

聖人の記した書物。また、聖人言行を記録した書物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいきょう【聖経】

聖人の教えが述べられた書物。せいけい。
(キリスト教で)聖書。 「人の死するを聞くや、或は-の章句を引用し/基督信徒の慰 鑑三

せいけい【聖経】

聖人の述作した書。また、聖人の言行の記録。聖典。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

聖経の関連キーワード京都府京都市南区九条町山鹿 旗之進中田 あやめ中田かつ子力久 辰斎潮田千勢子二宮 わか山鹿旗之進中田あやめ覚世真経李きょう城 ノブ名塩紙物の本城ノブ聖典読誦聖書

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android