コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝髻 ほうけい

6件 の用語解説(宝髻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝髻
ほうけい

奈良時代,女性礼服着用の際の唐風の結髪様式 (→義髻 ) 。髪を頭上で束ねた高髻で,U字形をした金属製の束髪ピン釵子 (さいし) を3本挿し,金銀玉を用いた花形の飾りを加えたものをいう。薬師寺蔵『吉祥天立像』の頭部にこの例がみえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほう‐けい【宝×髻】

仏像で、菩薩(ぼさつ)が頭上に結んでいるもとどり。
奈良時代律令制で五位以上の女子が礼服のときに頭上に結んだ理髪の様式。また、髪の髻(もとどり)に挿す金銀珠玉の髪飾りもいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宝髻【ほうけい】

仏像

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうけい【宝髻】

飛鳥・奈良時代の貴族女性の髪形。隋の衣服令にならって,日本の上層階級は,大陸の服装をほとんどそのまま模倣することとなった。隋・唐の服装,結髪,化粧法は,薬師寺の吉祥天女像,正倉院の樹下美人図,唐の人物俑(よう)ほか当時の仏画,仏像などによって想像することができる。この唐の俑にみられる結髪には高髻(こうけい)と垂鬟(すいかん)の2種類がある。貴族女性の結う高髻は儀式などの礼装に結われるもので,髻のまわりは金玉の鈿(でん),釵(さい),歩揺(ほよう)などによって美しく飾られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうけい【宝髻】

菩薩や天部の仏像が頭上に結んでいるもとどり。
奈良時代、女子が礼服を着用する際に結った唐風の髪形。髢かもじを用いて髪を高く結い、金銀珠玉の髪飾りを付ける。男子の礼冠に相当した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝髻
ほうけい

奈良時代における髪飾りの一種。大宝令(たいほうりょう)の衣服令の内親王礼服(らいふく)の条に記され、これを『令義解(りょうのぎげ)』では、金玉をもって髪緒を飾るゆえに宝髻というとある。つまり男の礼服に相当するものである。宝石をちりばめた透彫りをした金具に、竜、鳳(ほう)、麒麟(きりん)を立物(たてもの)としたものを髻(もとどり)の上に飾る。平安時代には垂髪の上にこぶのような髷(まげ)をつくり、これに釵子(さいし)をしたものをも宝髻とよんだ。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宝髻の言及

【髪形】より

…また,大きくふくらませた一種の垂髪形式など,身分や年齢差が髪形に表れるようになった。これらを高髻(こうけい)または宝髻(ほうけい),頭上二髻(ずじようにけい),垂髪(すいはつ)などの名称で分類している。男性の髪形は,隋の風俗を模して,冠服の制にならい官職にある男性はをかぶることになり,髪を全部引きあげて頭上に髻(もとどり)を結んだ頭上一髻といわれる形に定着する。…

※「宝髻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宝髻の関連キーワード銀杏崩し片三輪セシールカット総角本多髷巻鬢夫婦髷吹輪丸髱飛鳥/明日香

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone