コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞こえさす キコエサス

デジタル大辞泉の解説

きこえ‐さ・す【聞こえさす】

[動サ下二]《「言う」の謙譲語「聞こゆ」に使役の助動詞「さす」が付いて、その謙譲の度合いを強めた語》
申し上げる。
「せちに―・すべき事なむある」〈大和・一五五〉
手紙を差し上げる。
「人伝(づ)てならで―・せむ」〈・紅葉賀〉
(補助動詞)動詞連用形に付いて、謙譲の意を表す。…申し上げる。
「いつしか出でさせ給はなむと待ち―・するに、いとひさし」〈・二七八〉
[補説]直接ではなく、人を介して申し上げるという形式をとることによって、その相手と距離を置き、へりくだる気持ちを強めた語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きこえさす【聞こえさす】

( 動下二 )
〔「言う」の謙譲語「聞こゆ」に助動詞「さす」が付いて謙譲の意をさらに強めた語から〕
「言う」の謙譲語。申し上げる。 「いと切に-・すべきことありて/大和 171
「たよりをする」の意の謙譲語。(手紙などを)差し上げる。 「御消息-・せむときこゆるを/源氏 若菜下
「願う」の意の謙譲語。お願い申し上げる。 「忍びて渡させ給ひてむやと-・せばや/源氏 宿木
(補助動詞) 動詞の連用形に付いて、謙譲の意を添える。お…申し上げる。 「世の人、しか思ひ-・するに/源氏 絵合

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報