肉感(読み)ニクカン

精選版 日本国語大辞典の解説

にく‐かん【肉感】

にっ‐かん ニク‥【肉感】

〘名〙
肉体におこる感覚。
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「自分の触覚と感があらゆる実在で」
② 直接肉体を刺激するような生々しい感覚。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉附録「幕の後でも本物のヴァイオリンを奏する。肉感(ニクカン)を愛する感傷的な看客は此光景に対してヤンヤと喝采する」
性欲をそそる感じ
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「女の肉感をそそり立てるやうな匂を部屋中に撒き散らす葉巻をふかしながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肉感の関連情報