コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高来 たかき

2件 の用語解説(高来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高来
たかき

長崎県南東部,諫早市北東部の旧町域。多良岳火山群の南斜面にあり,諫早湾に面する。 1956年湯江町と深海村,小江村の2村が合体して高来町が発足。 2005年諫早市,飯盛町,小長井町,多良見町,森山町と合体して諫早市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高来
たかき

長崎県北(きた)高来郡にあった旧町名(高来町(ちょう))。現在は諫早(いさはや)市の北東部を占める。旧高来町は1956年(昭和31)湯江(ゆえ)町と深海(ふかのみ)、小江(おえ)の2村が合併して成立。2005年(平成17)諫早市に合併。旧町域は多良(たら)岳の南麓(なんろく)に位置し、諫早湾に臨み、海岸に国道207号、JR長崎本線が通ずる。中心集落は境(さかい)川下流の湯江で、付近は米作のほか花卉(かき)・野菜のビニル栽培が盛ん。東部の宇良(うら)は養豚、西部の小江は養鶏、最西部の深海はノリ養殖に特徴がある。総面積の66%にあたる3280ヘクタールが山林で、かつてはそのうち町有林が76%を占め、造林事業は町の基本財産をなしていた。一方、標高500メートルの等高線に沿って、幅6.5メートルの大規模な農道が建設され、1960年以降ミカン栽培が広がり、平原にはミカン苗圃(びょうほ)がある。多良岳山頂近くには多良大権現(だいごんげん)の神宮寺である金泉(きんせん)寺があり、轟(とどろき)ノ滝の名勝地がある。多良岳ツクシシャクナゲ群叢(ぐんそう)は国指定の天然記念物。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高来の関連キーワード長崎県諫早市多良見町市布長崎県諫早市多良見町囲長崎県諫早市多良見町木床長崎県諫早市多良見町化屋長崎県諫早市多良見町佐瀬長崎県諫早市多良見町中里長崎県諫早市多良見町西園長崎県諫早市多良見町野副長崎県諫早市多良見町舟津長崎県諫早市多良見町元釜

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高来の関連情報