コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日輪寺 にちりんじ

3件 の用語解説(日輪寺の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

日輪寺

 桑山八幡宮[くわのやまはちまんぐう]にあった社坊[しゃぼう]の1つです。明治時代になって、廃仏毀釈[はいぶつきしゃく]という仏教を排除する動きによって、取りつぶされてしまいました。 寺とは別に、境内には経塚[きょうづか]がつくられていたようで、江戸時代の終わりに見つけられました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

日輪寺

茨城県久慈郡大子町にある寺院。7世紀後半創建。天台宗。本尊は十一面観音。毎年9月に行われる例大祭は「石岡のおまつり」と呼ばれ、関東三大祭のひとつ。

日輪寺

熊本県山鹿市にある寺院。第30代敏達天皇の御代(572~585)創建。宗派は曹洞宗、本尊は釈迦如来。元禄赤穂事件で知られる赤穂浪士の遺髪を祀る遺髪塔がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日輪寺の関連キーワード石清水八幡宮富岡八幡宮八幡宮男山八幡宮正八幡宮千栗八幡宮函館八幡宮谷地八幡宮柞原八幡宮日輪寺経塚

日輪寺の関連情報