コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡桃沢耕史 クルミザワコウシ

デジタル大辞泉の解説

くるみざわ‐こうし〔くるみざはカウシ〕【胡桃沢耕史】

[1925~1994]小説家。東京の生まれ。本名、清水正二郎。本名で数多くの官能小説を執筆した後、放浪の旅に出る。帰国後、多彩な題材の大衆小説を手がけ、「黒パン俘虜記(ふりょき)」で直木賞受賞。他に「翔(と)んでる警視」シリーズ、「天山を越えて」「ぼくの小さな祖国」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

胡桃沢耕史 くるみざわ-こうし

1925-1994 昭和後期-平成時代の小説家。
大正14年4月26日生まれ。昭和32年「近代説話」の同人となり,清水正二郎の本名でポルノ小説を量産する。のち筆名にかえて,57年「天山を越えて」で推理作家協会賞,58年モンゴル抑留体験をえがいた「黒パン俘虜記」で直木賞。ユーモアミステリーに「翔(と)んでる警視」シリーズがある。平成6年3月22日死去。68歳。東京出身。拓殖大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

胡桃沢耕史の関連キーワード翔んでる警視司馬 遼太郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android