コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡縄 こじょうHu Sheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡縄
こじょう
Hu Sheng

[生]1918.1.11. 江蘇,蘇州
[没]2000.11.5. 上海
中国の社会科学者。 1938年中国共産党に入党し,上海,武漢,重慶,ホンコンなどで党の文化工作にたずさわる。 48年に『帝国主義と中国政治』を執筆した。 49年政務院出版総署弁公庁主任,52年政治協商会議学習委員となり,雑誌『学習』を編集し,「社会主義基礎講座」など多くの啓蒙的論文を発表。映画『武訓伝』批判,胡風胡適批判などでは指導的立場で健筆をふるった。また,54年には時代区分論争の出発点となった「中国近代史の時代区分の問題」を発表した。 55年中国科学院哲学・社会科学部常務委員,58年『紅旗』副総編集となり,64年第3期全国人民代表大会上海市代表。文化大革命中の 66年に失脚したが,73年復活。 75年第4期全人代大常務委員,78年 (第5期) にも再選。 82年中共中央党史研究室主任,85~98年中国社会科学院院長,1988年第7期全国政治協商会議副主席などを歴任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

胡縄【こじょう】

中国の歴史家編集者。江蘇省蘇州の出身。北京大学哲学系で学ぶ。抗日戦の時期には,生活書店編集者,《読書月報》《大衆生活》などの編集者として活動。1949年,人民出版社社長,《紅旗》副総編集長,毛沢東著作編集委員会弁公室副主任,中国共産党中央党史研究室主任,中国社会科学院院長などを歴任。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胡縄
こじょう / フーション
(1918―2000)

中国の歴史家、哲学者。江蘇(こうそ/チヤンスー)省蘇州(そしゅう/スーチョウ)出身。北京(ペキン)大学哲学科に学んだのち、日中戦争中から雑誌編集者として武漢(ぶかん/ウーハン)・重慶(じゅうけい/チョンチン)・香港(ホンコン)などで活躍し、その間1938年に中国共産党に入党した。解放戦争中の1948年に『帝国主義と中国政治』(邦訳名『中国近代史 1840―1924』)を出版した。本書は范文瀾(はんぶんらん/ファンウェンラン)の『中国近代史』(1947)と並び、広く読まれて版を重ねた歴史書である。中華人民共和国成立後は政務院出版総署、中国共産党中央宣伝部、同中央政治研究室、紅旗雑誌社などで要職を兼任し、胡適(こてき/フーシー)批判、胡風(こふう/フーフォン)批判などに重要な役割を果たした。しかし、文化大革命の時期には迫害を受け、研究や執筆活動を停止せざるをえなかった。1973年ごろから研究・執筆活動を再開し、中国共産党中央委員(1982~1987)、全国人民代表大会常務委員会委員(1975~1983)などを務め、1982年以降は中国共産党中央党史研究室主任、中国社会科学院院長(1985~1998)、全国人民政治協商会議副主席、毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)史研究室主任などの要職にあった。著作も多く、前記のほかに、『新哲学の人生観』(1937)、『弁証法的唯物論入門』(1938)、『思想方法』(1940)、『理性と自由』(1946)、『二千年間』(同)、『いかにして思想方法に精通するか』(1948)、『棗下論叢(そうかろんそう)』(1962)、『鴉片(あへん)戦争から五・四運動まで』(1982)、『歴史と現実』(1988)、『胡縄文集』(1990)、および『胡縄全集』(1998)などがある。1981年(昭和56)学会出席のために来日。次いで1986年には日中文化交流協会の招きで再び来日した。2000年11月上海(シャンハイ)で病没。[伊東昭雄]
『小野信爾・狭間直樹・藤田敬一訳『中国近代史 1840―1924』(1974・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胡縄の関連キーワードフゥシェン武漢重慶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android