コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂肪の塊 シボウノカタマリ

デジタル大辞泉の解説

しぼうのかたまり〔シバウのかたまり〕【脂肪の塊】

《原題、〈フランス〉Boule de Suifモーパッサンの小説。1880年刊。普仏戦争中、占領下ルーアンから脱出する乗り合い馬車の乗客の「脂肪の塊」とよばれる人のよい娼婦を主人公に、同乗者たちの偽善性と卑劣さを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぼうのかたまり【脂肪の塊】

モーパッサンの中編小説。1880年刊。普仏戦争を背景に、乗合馬車に乗り合わせた、「脂肪の塊」と呼ばれる一娼婦の純真な愛国心と、ブルジョア階級の醜悪さを描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脂肪の塊
しぼうのかたまり
Boule de Suif

フランスの作家モーパッサンの中編小説。1880年刊の『メダンの夕べ』の一編として発表。メダンとはゾラが住んでいたパリ近郊の地名で、ゾラと5人の若い作家が、プロイセン・フランス戦争をモチーフにした作品を一つずつ持ち寄って成った中短編集。当時は自然主義文学の宣言的役割を果たしたが、いまではモーパッサンの作品だけが読まれる。プロイセン軍に占領されたルーアンの町から逃げ出す乗合馬車に貴族、企業家、小売商人、尼僧、共和主義者、そして肉づきのよさから「脂肪の塊」とあだ名される娼婦(しょうふ)が乗り合わせるが、プロイセン士官に足止めを食う。困った一行は、娼婦にことば巧みに犠牲の精神を説いて敵士官に身を売らせて出発の許しを得るが、目的を達するとたちまち娼婦に冷淡になり罵倒(ばとう)を浴びせる。人間社会の卑劣、偽善を痛烈に暴いたもので、フロベールはこの作品を「傑作」と絶賛し、モーパッサンの出世作となった。[宮原 信]
『新庄嘉章訳『脂肪の塊・テリエ館』(講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

脂肪の塊の関連キーワードしびのてしろコブダイメダン派脂肪光沢愛国心脳塞栓

脂肪の塊の関連情報