コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福王流 ふくおうりゅう

4件 の用語解説(福王流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福王流
ふくおうりゅう

能楽ワキ方の流儀名。流祖は福王神右衛門盛忠 (大永1〈1521〉~慶長 11〈1606〉) 。観世座ワキ方の棟梁観世小次郎元頼らに学び,織田信長に召出され,以後代々観世座付のワキ方となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくおう‐りゅう〔フクワウリウ〕【福王流】

能のワキ方の流派の一。福王神右衛門盛忠(1521~1606)を流祖とし、観世座付きであった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふくおうりゅう【福王流】

能のワキ方の流派名。流祖の福王神右衛門盛忠(但馬守,遅斎。1521‐1606)は播磨国三木の神職。観世座ワキ方の棟梁観世小次郎元頼らに学び,織田信長に召し出され観世のワキ方になったという。以後,代々観世の座付として活躍。5世茂兵衛盛親(1609‐73)は観世黒雪の弟服部栖元の子で,4世盛厚に後嗣がなく(娶らなかった),中絶していた福王家を再興した。盛親は晩年,京に退隠して服部宗巴と号して素謡(すうたい)の教授を専門とし,以後,福王は京都の素謡界に地歩を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふくおうりゅう【福王流】

能のワキ方の流派の一。流祖は福王神右衛門盛忠(1521~1606)。江戸時代は観世座の座付。京阪地方に地盤をもつ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の福王流の言及

【ワキ方】より

シテ方囃子方狂言方に対しての呼称。現在,宝生流福王流高安(たかやす)流の3流がある。廃絶した流派に進藤流(明治期に廃絶),春藤流(大正期に廃絶)の2流があった。…

※「福王流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福王流の関連キーワード福王盛義観世流高安流進藤流福王盛厚福王盛貞福王盛忠福王盛充福王盛世福王盛仍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福王流の関連情報