コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福王流 ふくおうりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福王流
ふくおうりゅう

能楽ワキ方の流儀名。流祖は福王神右衛門盛忠 (大永1〈1521〉~慶長 11〈1606〉) 。観世座ワキ方の棟梁観世小次郎元頼らに学び,織田信長に召出され,以後代々観世座付ワキ方となる。歴代では,謡曲を新作した2世盛義 (永禄3〈1560〉~寛永2〈1625〉) と8世盛有 (寛文3〈1663〉~元文3〈1738〉) ,晩年は服部宗巴と号し,のちの「京観世」の基礎を築いた5世盛親 (慶長 14〈1609〉~延宝1〈73〉) ,雪岑と号した画家でもある9世盛勝 (元禄 14〈1701〉~天明5〈85〉) が著名。 1898年,14世繁十郎盛哲没後は宗家断絶となったが,東京の花咲右衛門,野島信,京阪の江崎金治郎,中村弥三郎らが芸系を伝え,1938年中村弥三郎の子が再興して 15世福王茂十郎 (1909~76) を襲名。現宗家は 15世の長男,16世茂十郎 (1943~ ) 。詞章節付,謡い方は観世流シテ方と大差ない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくおう‐りゅう〔フクワウリウ〕【福王流】

能のワキ方流派の一。福王神右衛門盛忠(1521~1606)を流祖とし、観世座付きであった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふくおうりゅう【福王流】

能のワキ方の流派名。流祖の福王神右衛門盛忠(但馬守,遅斎。1521‐1606)は播磨国三木の神職。観世座ワキ方の棟梁観世小次郎元頼らに学び,織田信長に召し出され観世のワキ方になったという。以後,代々観世の座付として活躍。5世茂兵衛盛親(1609‐73)は観世黒雪の弟服部栖元の子で,4世盛厚に後嗣がなく(娶らなかった),中絶していた福王家を再興した。盛親は晩年,京に退隠して服部宗巴と号して素謡(すうたい)の教授を専門とし,以後,福王は京都の素謡界に地歩を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくおうりゅう【福王流】

能のワキ方の流派の一。流祖は福王神右衛門盛忠(1521~1606)。江戸時代は観世座の座付。京阪地方に地盤をもつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の福王流の言及

【ワキ方】より

シテ方囃子方狂言方に対しての呼称。現在,宝生流福王流高安(たかやす)流の3流がある。廃絶した流派に進藤流(明治期に廃絶),春藤流(大正期に廃絶)の2流があった。…

※「福王流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福王流の関連キーワード中村 弥三郎(13代目)福王 茂十郎(15代目)中村 弥三郎(10代目)久保田 千三郎江崎 正左衛門指吸 雅之助津村 紀三子福王 繁十郎植田 隆之亮今村 知史市場 豊久平賀 英雄福王盛充南 岩夫福王盛仍福王盛勝浅野栄足福王盛信福王盛忠福王盛有

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福王流の関連情報