コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マク

デジタル大辞泉の解説

まく【膜】

物の表面を覆う薄い皮。
生物体の臓器・組織を覆い、また隔てている薄い平面状の細胞層。

まく【膜】[漢字項目]

常用漢字] [音]マク(呉)
体内の器官を覆い、また仕切る薄い皮。「角膜隔膜鼓膜粘膜脳膜皮膜腹膜肋膜(ろくまく)
物の表面を覆う薄い皮。「被膜半透膜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まく【膜】

物の表面をおおう薄い皮。 「フィルムの表面の-」 「目に-がかかる」
生物体内の諸器官をおおい、または境をなしている薄い層。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

膜の関連キーワード外傷性硬膜下血腫じゅう(絨)毛膜流行性髄膜炎心嚢・心囊急性心膜炎菌性髄膜炎フィルム中空糸膜脳脊髄膜側底膜膜電位細胞膜膜平衡髄膜炎膜構造蜘蛛膜くも膜髄膜硬膜膜厚

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膜の関連情報