(読み)マク

  • たなしし
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 肉と皮膚との間の薄い皮。まく。
※石山寺本大般涅槃経平安初期点(850頃)一一「脳、膜(タナシシ)、骨髄」
〘名〙
① 生物体の内にあって、器官をつつんだりへだてたりする平面状の薄い細胞層。たなしし。うすかわ。
※日本一鑑窮河話海(1565‐66頃)五「膜 邁杰(マク)」 〔説文解字〕
② 物の表面を覆う薄い皮。うすかわ。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膜の関連情報