(読み)まく

精選版 日本国語大辞典「膜」の解説

まく【膜】

〘名〙
① 生物体の内にあって、器官をつつんだりへだてたりする平面状の薄い細胞層。たなしし。うすかわ。
※日本一鑑窮河話海(1565‐66頃)五「膜 邁杰(マク)」 〔説文解字〕
② 物の表面を覆う薄い皮。うすかわ。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

たな‐しし【膜】

〘名〙 肉と皮膚との間の薄い皮。まく。
※石山寺本大般涅槃経平安初期点(850頃)一一「脳、膜(タナシシ)、骨髄」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「膜」の解説

まく【膜】[漢字項目]

常用漢字] [音]マク(呉)
体内の器官を覆い、また仕切る薄い皮。「角膜隔膜鼓膜粘膜脳膜皮膜腹膜肋膜ろくまく
物の表面を覆う薄い皮。「被膜半透膜

まく【膜】

物の表面を覆う薄い皮。
生物体の臓器・組織を覆い、また隔てている薄い平面状の細胞層。
[類語](2粘膜横隔膜角膜胸膜結膜骨膜鼓膜髄膜脳膜弁膜腹膜網膜肋膜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android