コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕白 ワンパク

デジタル大辞泉の解説

わん‐ぱく【腕白】

[名・形動]《「かんぱく(関白)」の音変化か。「腕白」は当て字》子供、特に男の子が言うことをきかず、暴れまわったり、いたずらをしたりすること。また、そういう子供や、そのさま。「腕白な子」「腕白盛り」「腕白坊主」
[派生]わんぱくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わんぱく【腕白】

( 名 ・形動 )
〔「わんばく」とも〕
子供がいたずらでいうことを聞かないこと。活発に動き回ったりいたずらや悪さをする・こと(さま)。 「 -な子供」 「 -盛り」 「 -坊主」 〔「腕白」は当て字〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

腕白の関連キーワードベンジャミン フォンダーヌトム・ソーヤーの冒険トムソーヤーの冒険次郎長三国志大黒 東洋士フクちゃんしおらしい榎本 健一強情・剛情ピノキオ利かぬ気当て字ロータわやくでこ坊小気当年悪戯権太

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腕白の関連情報