コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手習子 てならいこ

5件 の用語解説(手習子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手習子
てならいこ

歌舞伎舞踊曲。長唄。増山金八作詞,1世杵屋正次郎作曲,2世西川扇蔵振付。本名題は『杜若 (かきつばた) 七重の染衣 (そめぎぬ) 』で,初演の4世岩井半四郎の俳名杜若 (とじゃく) にちなむ。寛政4 (1792) 年4月江戸河原崎座で,半四郎が初演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てならいこ〔てならひこ〕【手習子】

歌舞伎舞踊。長唄。七変化「杜若七重(かきつばたななえ)の染衣(そめぎぬ)」の一。増山金八作詞、初世杵屋(きねや)正次郎作曲。寛政4年(1792)江戸河原崎座初演。寺子屋帰りの、ませた町娘の踊り。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てならいこ【手習子】

歌舞伎舞踊の曲名。長唄。1792年(寛政4)4月,江戸河原崎座で4世岩井半四郎により初演。七変化所作事《杜若七重の染衣(かきつばたななえのそめぎぬ)》の一曲。作詞増山金八。作曲初世杵屋(きねや)正次郎。振付2世西川扇蔵。春の日,寺子屋帰りの娘が日傘や手習草紙を手に道草をするさまを描く。蝶を追うあどけなさや,ませた恋心などが入りまじる。現在の振りは1848年(嘉永1)5月中村座で3世岩井粂三郎(8世半四郎)が復活したときのものによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てならいこ【手習子】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題「杜若かきつばた七重の染衣そめぎぬ」。増山金八作詞、初世杵屋正次郎作曲。1792年(寛政4)江戸河原崎座初演。寺子屋帰りのおしゃまな町娘の姿を描いたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手習子
てならいこ

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。増山金八作詞、初世杵屋正次郎(きねやしょうじろう)作曲、2世西川扇蔵振付け。1792年(寛政4)4月、江戸・河原崎(かわらさき)座で4世岩井半四郎が踊った『杜若(かきつばた)七重(ななえ)の染衣(そめぎぬ)』という七変化舞踊の一つで、寺子屋帰りの草紙を手にした、江戸期のませた町娘の気持ちを描写した作品。『娘道成寺(むすめどうじょうじ)』の詞章や作曲を多く応用している。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手習子の関連キーワード越後獅子所作事船弁慶丹前物歌舞伎唄歌舞伎狂言草摺引き所作立て木賊刈変化舞踊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone