コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膵がん すいがん pancreatic cancer

1件 の用語解説(膵がんの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

膵がん

膵臓は、消化酵素と血糖調節ホルモン(インスリンなど)分泌の役割を持つ臓器で、膵がんの大部分は消化酵素を排出する管(膵管)にできる。最も治療成績の悪いがんで、危険因子はまだ分かっていない。膵臓の頭の部分にできた場合は、膵臓の中を走る胆管を閉鎖するため、最初に黄疸(おうだん)で異常に気がつくことが多い。尾部にできた膵がんは後ろの神経に浸潤するため、疼痛が初発症状として現れる。一般に、体重減少が著しい。治療としては手術でがんを摘出するが、症状が現れて発見された時には治癒が困難なことが多い。

(黒木登志夫 岐阜大学学長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膵がんの関連キーワードペプチドホルモン卵胞ホルモン膵臓移植雌性ホルモン消化液膵臓ホルモン脱皮ホルモン卵巣ホルモン消化管ホルモン蛋白消化酵素

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膵がんの関連情報