コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膵臓壊死 スイゾウエシ

3件 の用語解説(膵臓壊死の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいぞう‐えし〔スイザウヱシ〕【×膵臓壊死】

重症の急性膵臓炎で、膵液自己消化によって膵臓壊死に陥ったもの。膵壊死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいぞうえし【膵臓壊死】

重症の急性膵炎で膵液の自己消化のため膵組織に生じた壊死。膵臓壊死が主体となった膵炎を壊死性膵炎という。膵壊死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膵臓壊死
すいぞうえし
pancreatic necrosis

重症急性膵炎で、びまん性(病変あるいはその状態が、一か所ではなく広範囲に広がっている様子)または限局性に膵実質が非可逆的壊死に陥ったもので、典型例では膵周囲脂肪組織の壊死を伴い、壊死性膵炎ともよばれる。症状は持続性の上腹部激痛で、背部痛を伴い、冷や汗、血圧下降、頻脈、乏尿、呼吸困難などのショック症状がみられ、また黄疸(おうだん)や発熱をみることもある。死亡率は高い。臨床的には、造影CTで膵実質に明らかな造影不良域が認められる。膵壊死組織への感染合併の有無で死亡率に著明な差があるため、感染性か非感染性かの鑑別は重要である。壊死部に感染が生じた場合は、開腹による膵壊死部摘除術が行われる。[中山和道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膵臓壊死の関連キーワード膵液消化器系自己消化膵臓炎蛋白消化酵素オートリシス機械的消化酵母臭自己消光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone