膵臓壊死(読み)スイゾウエシ

大辞林 第三版の解説

すいぞうえし【膵臓壊死】

重症の急性膵炎で膵液の自己消化のため膵組織に生じた壊死。膵臓壊死が主体となった膵炎を壊死性膵炎という。膵壊死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膵臓壊死
すいぞうえし
pancreatic necrosis

重症急性膵炎で、びまん性(病変あるいはその状態が、一か所ではなく広範囲に広がっている様子)または限局性に膵実質が非可逆的壊死に陥ったもので、典型例では膵周囲脂肪組織の壊死を伴い、壊死性膵炎ともよばれる。症状は持続性の上腹部激痛で、背部痛を伴い、冷や汗、血圧下降、頻脈、乏尿、呼吸困難などのショック症状がみられ、また黄疸(おうだん)や発熱をみることもある。死亡率は高い。臨床的には、造影CTで膵実質に明らかな造影不良域が認められる。膵壊死組織への感染合併の有無で死亡率に著明な差があるため、感染性か非感染性かの鑑別は重要である。壊死部に感染が生じた場合は、開腹による膵壊死部摘除術が行われる。[中山和道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すいぞう‐えし スイザウヱシ【膵臓壊死】

〘名〙 急性膵炎の一つ。食物の主要な消化酵素である膵液が、何らかの原因によって自己消化作用を起こすために生じる疾患大食や、アルコール摂取後に起こることが多く、また胆道十二指腸の疾患に合併することが多い。激烈な上腹部の痛みを主訴とする。ショックを起こすこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android