コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然論 しぜんろんNature

翻訳|Nature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然論
しぜんろん
Nature

アメリカの思想家 R.W.エマソンの論文。 1836年刊。前半では主として自然を,後半では人間の精神を論じ,自然は精神の象徴であり,事物と人間の思想との間には対応関係があると指摘し,感覚を超越した直観による真理の把握の必要性を説く。 100ページに満たぬ小冊子ながら,格調高い詩的な文章で,超絶主義の中心思想を述べている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜんろん【自然論】

《原題Natureエマソン評論。1836年発表。精神と自然との出会いを通じ真理へ到達しようとする「超絶主義」を説く。別邦題「自然」「自然について」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然論
しぜんろん
Nature

アメリカの思想家R・W・エマソンの代表的著作。1836年刊。1832年から翌33年の最初のヨーロッパ旅行の間に、宇宙と人間精神の照応に関する想を得て、精神の限りない解放を主題とするこの『自然論』を書いた。自然という名称でよばれる「非我(ノット・ミー)」、つまり精神を取り巻く外界は、ただ目に見える姿だけで終わってはいない。「もっと高尚で霊的な存在」がかなたにあり、精神は自然の限りない奥行きに入り込み、ついには普遍的な内在神「大霊(オーバーソウル)」と出会う。しかも無限の広がりと深みをもつ自然は、全体として「人間精神の比喩(メタファー)」であり、精神は自然と一体になって、自ら限りないものに変容するとエマソンは説く。[酒本雅之]
『酒本雅之訳『エマソン論文集』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

自然論の関連キーワードロック哲学の基本概念セネカ(小セネカ)エンペドクレスアージービカ派セネカ(小)アメリカ文学エマーソン陰陽五行説六師外道エッセイ酒本雅之ラムスベーメ郭象

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然論の関連情報