コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然論 しぜんろん Nature

翻訳|Nature

3件 の用語解説(自然論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然論
しぜんろん
Nature

アメリカの思想家 R.W.エマソンの論文。 1836年刊。前半では主として自然を,後半では人間の精神を論じ,自然は精神の象徴であり,事物と人間の思想との間には対応関係があると指摘し,感覚を超越した直観による真理の把握の必要性を説く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぜんろん【自然論】

《原題Natureエマソンの評論。1836年発表。精神と自然との出会いを通じ真理へ到達しようとする「超絶主義」を説く。別邦題「自然」「自然について」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然論
しぜんろん
Nature

アメリカの思想家R・W・エマソンの代表的著作。1836年刊。1832年から翌33年の最初のヨーロッパ旅行の間に、宇宙と人間精神の照応に関する想を得て、精神の限りない解放を主題とするこの『自然論』を書いた。自然という名称でよばれる「非我(ノット・ミー)」、つまり精神を取り巻く外界は、ただ目に見える姿だけで終わってはいない。「もっと高尚で霊的な存在」がかなたにあり、精神は自然の限りない奥行きに入り込み、ついには普遍的な内在神「大霊(オーバーソウル)」と出会う。しかも無限の広がりと深みをもつ自然は、全体として「人間精神の比喩(メタファー)」であり、精神は自然と一体になって、自ら限りないものに変容するとエマソンは説く。[酒本雅之]
『酒本雅之訳『エマソン論文集』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然論の関連キーワードアメリカの学者アメリカの声アメリカバイソンエマソンアメリカの没落アメリカの夢アメリカの影アメリカの空エマーソン弦楽四重奏団トランセンデンタリズム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然論の関連情報