舟船(読み)シュウセン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舟船
ふねふな

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。『舟ふな』とも書く。主人の供をして西の宮参りに出かけた太郎冠者(シテ)は、途中、神崎(かんざき)の渡しで「ふなやーい」と船頭を呼ぶ。主人が「ふね」と呼ぶようたしなめると、冠者は古歌を引いて「ふな」だと反論する。主人も古歌をあげて「ふね」だとやり返したものの、次々と古歌を引く冠者に対し、一首だけではどうも分が悪い。そこで謡曲『三井寺(みいでら)』の一節を思い付き、「……ふねもこがれいづらん」まで謡うが、次が「ふな……」となるので詰まってしまう。冠者が「ふな人もこがれいづらん」と続けて謡ったところを、主人がしかって終わる。さかしい太郎冠者を扱った曲で、主人とのやりとりに軽妙な味がある。[池田英悟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舟船の関連情報