コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空機標識記号 こうくうきひょうしききごうidentification marks

2件 の用語解説(航空機標識記号の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空機標識記号
こうくうきひょうしききごう
identification marks

航空機を識別するために機体に掲示する記号。民間機では国籍を表すローマ字 (日本は JA,アメリカはN,イギリスはGなど) のあとに登録記号 (日本は4桁の数字) をつける。軍用機には国籍を表す記号 (日本は日の丸) のほかに,機種や所属部隊などを表す文字や数字をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうくうきひょうしききごう【航空機標識記号】

民間用航空機が掲げる標識記号については国際民間航空条約によって統一されており,それにのっとって日本では航空法および同施行規則にその位置,大きさ,色彩などについて詳細な規定が設けられている。すなわち,国籍記号と登録記号を連記して機体表面(飛行機グライダーでは右主翼上面・左主翼下面と後部胴体両側面または垂直尾翼両面,回転翼機では胴体両側面と底面)に標示するほか,所有者名と住所,国籍および登録記号を記した板を機体出入口付近に掲示することが義務づけられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone