コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船戸与一 フナドヨイチ

4件 の用語解説(船戸与一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふなど‐よいち【船戸与一】

[1944~2015]小説家。山口の生まれ。本名、原田建司。抜群の行動力を生かして海外取材を精力的にこなし、質の高い冒険小説を数多く発表した。「虹の谷の五月」で直木賞受賞。他に「山猫の夏」「砂のクロニクル」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船戸与一 ふなど-よいち

1944-2015 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和19年2月8日生まれ。ルポライターとして海外取材経験をつむ。冷戦構造下の辺境を舞台にした冒険小説を手がけ,昭和60年「山猫の夏」で吉川英治文学新人賞。つづいて平成元年「伝説なき地」で日本推理作家協会賞,4年「砂のクロニクル」で山本周五郎賞,12年「虹の谷の五月」で直木賞。平成27年4月22日死去。71歳。山口県出身。早大卒。本名は原田建司。著作はほかに「満州国演義」全9巻など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

船戸与一

日本の作家。1944年2月8日、山口県生まれ。早稲田大学在学中は探検部に所属し、世界各地の辺境に赴いた。出版社勤務と海外放浪生活の後、30歳を過ぎてフリーとなる。79年『非合法員』(講談社)で作家デビュー。85年『山猫の夏』(講談社)で吉川英治文学新人賞・日本冒険小説協会大賞、89年『伝説なき地』(講談社)で日本推理作家協会賞、92年『砂のクロニクル』(毎日新聞社)で山本周五郎賞・日本冒険小説協会大賞、2000年には『虹の谷の五月』(集英社)で直木賞を受賞した。別名でも活躍し、マンガ「ゴルゴ13」の脚本などに携わった。15年2月には、『満州国演義』(新潮社)の完結編である第9巻が発行された。15年4月22日、胸腺がんにより死去。享年71。

(2015-4-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船戸与一
ふなどよいち
(1944―2015)

小説家。山口県下関市生まれ。本名原田健司。早稲田大学法学部卒業。在学中は探検部に所属、世界各地の辺境で冒険体験を積む。学部に在籍のまま出版社に入社するが、正式な社員にならないまま退社。マダガスカル南アフリカモザンビークなどを8か月ほどかけて回り、帰国後は別な出版社に勤務。しかしここもまた日々同じことの繰り返しに耐えられず辞表を提出、今度は半年あまりの海外放浪生活をする。だが、さすがにこのときには三十路をすぎており、帰国後の就職はおぼつかず、やむなくフリーに。当時使っていた豊浦志朗名義で『硬派と宿命』(1975)、『叛(はん)アメリカ史』(1977)など海外紛争地域のルポルタージュを発表。また外浦吾郎名義でさいとう・たかを作の劇画『ゴルゴ13(サーティーン)』の脚本も手がける。1979年(昭和54)『非合法員』で小説家デビュー。続いて『祖国よ友よ』(1980)、『群狼の島』『夜のオデッセイア』(1981)、『蛮賊ども』『血と夢』(1982)と良質の冒険小説を発表、着実に作家としての地歩を固めていくが、その人気を決定的にしたのは『山猫の夏』(1984。吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞)をはじめとする『神話の果て』(1985)、『伝説なき地』(1988。日本推理作家協会賞)の「南米三部作」および『猛(たけ)き箱舟』(1987)であった。歴史の記録に残される「正史」に対して、否応なく抹殺されていく「叛史」というのは、この現代にあっても陸続と生み出されている。船戸与一はそうした陰の部分の現代史に視線を据え、叛史を生み出したものの正体を暴き出す。と同時に、状況の最前線では暴力がどのように機能していくのかをさらけ出してみせたのだ。南米三部作は、そんな叛史の担い手たちの民族意識を含めた、現代の混沌と世界の矛盾を物語性豊かに描いた傑作シリーズだった。だが、クルド人蜂起(ほうき)を描いた『砂のクロニクル』(1991。山本周五郎賞)を刊行した後、しばしの脱力感に襲われたと述懐する。作者はそれまで、西欧の覇権主義と帝国主義的な強者の論理によって収奪されつづける第三世界の状況を描いてきたわけだが、東西の冷戦構造が崩壊してから、もはやかつての抵抗と革命が袋小路に陥っていることを実感したからである。その結果船戸は、一度同時代性の意識を離れ、近代民族国家がどのような過程を経て帝国主義を形成するにいたったのかを探る、歴史の探訪者としての道を歩み始める。その結果が『蝦夷地(えぞち)別件』(1995)であり、冷戦終焉の影響をもっとも強く受けた現代中国を描いた『流砂の塔』(1998)であった。そして2000年(平成12)、船戸は自らの歴史観の検証と新たな作品世界の構築を『虹の谷の五月』で実践する。この物語の語り手、主人公は13歳の日本とフィリピンの混血児である。少年は、その年齢に見合った言葉しか持ち合わせないはずであるし、それ以上のことを書いては嘘になる。また大人たちが少年に向かって難しいことをえんえんと説明、講釈するというのもご都合主義になる。つまり作者は本書において、自ら途方もない枷(かせ)を課して文学的試みをなしたのだった。本作は第123回直木賞を受賞した。[関口苑生]
『豊浦志朗著『硬派と宿命』(1975・世代群評社) ▽『虹の谷の五月』(2000・集英社) ▽ 豊浦志朗著『叛アメリカ史』(ちくま文庫) ▽『非合法員』『山猫の夏』『神話の果て』『伝説なき地』(講談社文庫) ▽『祖国よ友よ』『群狼の島』『夜のオデッセイア』『血と夢』(徳間文庫) ▽『蛮賊ども』(角川文庫) ▽『猛き箱舟』(集英社文庫) ▽『砂のクロニクル』『蝦夷地別件』(新潮文庫) ▽『流砂の塔』(朝日文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船戸与一の関連キーワード赤江瀑阿部牧郎重兼芳子出久根達郎三田誠広阿部陽一石和鷹稲見一良広瀬仁紀森詠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船戸与一の関連情報